山陽新聞デジタル|さんデジ

小豆島 (しょうどしま)

観光スポット
  • ワン・ウェンチー(王文志)「小豆島の恋」

    ワン・ウェンチー(王文志)「小豆島の恋」

    • ハンス・オプ・デ・ビーク「静寂の部屋」

    • クー・ジュンガ「OKINOSANG/元気・覇気・卦気」

    • シャン・ヤン「辿り着く向こう岸ーシャン・ヤンの航海企画展」

    • 朱哲琴 (Dadawa)「鐘舎 Bell Shelter」

    • コシノジュンコ「アートノショーターミナル」

    • ヘリ・ドノのインスタレーション作品(福武ハウス)

    • チェ・ジョンファ「太陽の贈り物」

    • ビートたけし×ヤノベケンジ「アンガー・フロム・ザ・ボトム」

    • ヤノベケンジ「ザ・スター・アンガー」

    • 康夏奈「花寿波島の秘密」

    • 清水久和「オリーブのリーゼント」

    • 林舜龍「国境を越えて・波」

  •  土庄町と小豆島町の2町からなり、面積は約153平方キロ。瀬戸内海では淡路島に次いで2番目に大きい。人口は約2万7千人(2019年3月1日現在)。
     「日本のオリーブ発祥の地」として全国的に知られるほか、壷井栄の小説を映画化した「二十四の瞳」の舞台としても有名。“日本三大渓谷美”に数えられる寒霞渓、干潮時にのみ現れる砂道「エンジェルロード」も人気のスポット。角田光代さん原作の映画「八日目の蟬」や実写映画「魔女の宅急便」に島が登場し、ロケ地などを巡るファンも少なくない。
     産業面では佃煮や醤油、手延べ素麺の生産が盛んに行われている。「小豆島霊場」が存在するなど信仰の島でもある。

    お店・施設情報

    【 交通 】 <岡山から>
    新岡山港から土庄港までフェリーが1日12往復(片道70分)。旅客運賃(10月1日~)は中学生以上1090円(小学生550円)。宇野港から豊島を経由して土庄港を結ぶ航路(片道89分)、日生港(備前市)と大部港を結ぶ航路(片道60分)もある

    <島内>
    島内を幅広く巡りたい人はバスかレンタカー・自家用車が中心になりそう。アップダウンが平気ならレンタサイクルも楽しい

    <島外>
    豊島のほか、会期中は直島、犬島へも行ける
    【 施設 】 <買い物>
    コンビニやスーパー、ホームセンターなどがあり、一般的な買い物には困らない

    <食事スポット>
    観光施設や宿泊施設、「道の駅」などで和食やイタリアンなどが食べられるほか、ファミリーレストランもある。醤油蔵などが建ち並ぶ“醤(ひしお)の郷(さと)”にちなむご当地グルメ「ひしお丼」も注目

    <宿泊>
    リゾートホテル、ビジネスホテル、民宿、ペンションなど多数
    【 その他 】 <お土産>
    オリーブ関連グッズや醤油、佃煮、そうめん

    <問い合わせ先>
    小豆島観光協会(0879-82-1775)
    HP:http://www.shodoshima.or.jp
    【 会期 】 <時期>
    春、夏、秋

    <主な見どころ>
    夏会期から登場するクー・ジュンガさんの新作「OKINOSANG/元気・覇気・卦気」は、小豆島から約170メートル離れた沖ノ島が舞台。3種類約6千個以上の水晶がテトラポットや岸壁7カ所に設置され、太陽や月の光に反射し、島の環境と歴史と表現する
    【 作品 】 <前回から継続>
    ビートたけし、ヤノベケンジ共同作品「ANGER from the Bottom」、コシノジュンコ、アトリエオモヤ共同作品「アートノショーターミナル」など。

    <今回初>
    クー・ジュンガ「OKINOSANG/元気・覇気・卦気」、ハンス・オプ・デ・ビーク「静寂の部屋」、王文志「小豆島の恋」、リン・シュンロン「国境を越えて・波」、キム・キョンミン「再び …」など


瀬戸内国際芸術祭 観光スポット

  • 大島
    大島
     高松港の北東約8キロに浮かぶ高松市庵治町の島(面積0.62平方キロ)。1909年にハンセン病の療養施設が開設され、46年に「国立療養所大島青松園」に改称。病気への偏見と差別から、入所者は国策に...
    ⇒続きを見る
  • 沙弥島
    沙弥島
     面積0.28平方キロ、人口100人(2019年4月1日現在)。坂出市沖約4キロに浮かぶ島だったが1967年、番の州臨海工業団地造成に伴い地続きとなった。  万葉集ゆかりの地で、柿本人麻呂が「...
    ⇒続きを見る
  • 高松港
    高松港
     瀬戸内国際芸術祭の「マザーポート」で、直島や小豆島、豊島、女木島、男木島、大島、玉野市・宇野港の各会場とを結ぶフェリーや高速艇が発着する。JR高松駅も徒歩10分程度。  近くにある高松シンボ...
    ⇒続きを見る
  • 豊島
    豊島
     直島と小豆島のちょうど中間に位置している。面積14.5平方キロメートル、人口は約800人(2019年4月現在)。半数が65歳以上で、高齢化が進んでいる。  島の最南端には、瀬戸内地域最古級と...
    ⇒続きを見る
  • 小豆島
    小豆島
     土庄町と小豆島町の2町からなり、面積は約153平方キロ。瀬戸内海では淡路島に次いで2番目に大きい。人口は約2万7千人(2019年3月1日現在)。  「日本のオリーブ発祥の地」として全国的に知...
    ⇒続きを見る
  • 女木島
    女木島
     高松市の沖合約約4キロに浮かぶ周囲8.9キロ、面積2.67平方キロメートルの南北に細長い島。人口約140人。1672年に天領となり、幕末には備中倉敷代官の管理下に置かれていたが、廃藩置県で香川...
    ⇒続きを見る
  • 男木島
    男木島
     高松市沖約7.5キロにあり、周囲4.7キロ、面積1.37平方キロメートル。人口は約170人(2019年4月現在)。一説によると、源平屋島合戦で那須与一が射た扇が流れ着いたことから「おぎ(おうぎ...
    ⇒続きを見る
  • 高見島
    高見島
     塩飽諸島のひとつで、多度津町の北西約7.5キロにある。南北に細長い面積2.33平方キロメートルの島内に36人(9月1日現在)が暮らす。階段状に建ち並ぶ家や、自然石の乱れ積みでできている石垣など...
    ⇒続きを見る
  • 宇野港
    宇野港
     岡山県の南端に位置する臨海都市で、1940年に県内4番目の市として誕生。面積103.58平方キロメートル、人口約59300人(2019年3月末現在)。1910年のJR宇野線開通と宇高連絡船就航...
    ⇒続きを見る
  • 本島
    本島
     大小28の塩飽諸島の中心島で、周囲16・4キロ、面積6・74平方キロメートル。人口約300人(2019年1月1日現在)。  豊臣秀吉から徳川慶喜の代まで天領だったものの、島民に自治権が与えら...
    ⇒続きを見る
ページトップへ