山陽新聞デジタル|さんデジ

女木島 (めぎじま)

観光スポット
  • レアンドロ・エルリッヒ「ランドリー」

    レアンドロ・エルリッヒ「ランドリー」

    • 山下麻衣+小林直人「世界はどうしてこんなに美しいんだ」

    • 原倫太郎+原游「ピンポン・シー」

    • 宮永愛子「ヘアサロン壽」

    • ヴェロニク・ジュマール「カフェ・ドゥ・ラ・プラージュ」

    • 平尾成志×瀬ト内工芸ズ。「BONSAI deepening roots」

    • KOURYOU「家船」

    • 依田洋一朗「女木島名画座」

    • 杉浦康益「段々の風」

    • 禿鷹噴上「20世紀の回想」

    • 木村崇人「カモメの駐車場」

    • レアンドロ・エルリッヒ「不在の存在」

    • 大竹延朗「女根/めこん」

  •  高松市の沖合約約4キロに浮かぶ周囲8.9キロ、面積2.67平方キロメートルの南北に細長い島。人口約140人。1672年に天領となり、幕末には備中倉敷代官の管理下に置かれていたが、廃藩置県で香川県に編入された。源平屋島合戦で那須与一が射落とした扇のメゲ(破片の意)が流れ着いたため「メゲジマ」と呼ばれ、それがなまって「メギジマ」となったとの説もある。
     海岸沿いの家は強風による波しぶきや海水を避けるため、高さ3~4メートルの石垣(オオテ)を築き、独特の景観をつくっている。島中央部には海賊の根城とされる深い洞窟があり、桃太郎伝説の鬼のすみかとして観光スポットになっている。港そばには実物大のモアイ像模造彫刻が立つ。

    お店・施設情報

    【 交通 】 <岡山から>
    JR岡山駅、宇野港いずれからも、高松港までは約1時間。岡山駅からは快速マリンライナーが30分に1本(10月1日~片道1550円)、宇野港から高松港へは四国急行フェリーが1日5便運航(10月1日~片道740円)。高松港から女木島へは雌雄島海運のフェリーが1日6便あり、所要時間は約20分。片道370円
    ※料金はいずれも大人1人

    <島内>
    原則徒歩。港と鬼ケ島大洞窟を往復するバスがフェリーの到着に合わせて運行される(大人往復800円)。入洞料600円(作品鑑賞パスポート提示で400円、中学生以下無料)

    <島外>
    男木島を結ぶ1日6往復(大人片道240円)
    【 施設 】 <買い物>
    JA香川県女木出張所。コンビニなし

    <食事スポット>
    港周辺にうどん、カレー、魚料理など数軒。

    <宿泊>
    港周辺に5軒(1泊2食付き8000円など)ある。
    【 その他 】 <問い合わせ先>
    鬼ケ島観光協会(087-840-9055)
    HP:http://www.onigasima.jp/
    【 会期 】 <時期>
    春、夏、秋

    <主な見どころ>
    2018年の東京・森美術館の個展が61万人を集めた人気美術家レアンドロ・エルリッヒ、17年の大原美術館・有隣荘で幻想的な世界を見せた宮永愛子らが旅館をショッピングモールに見立て「小さな店」をテーマにプロジェクトを展開する
    【 作品 】 <前回から継続>
    木村崇人「カモメの駐車場」、禿鷹噴上「20世紀の回想」、大竹伸朗「女根/めこん」、レアンドロ・エルリッヒ「不在の存在」、杉浦康益「段々の風」、オニノコプロダクション「オニノコ 瓦プロジェクト」、依田洋一朗「アイランドシアター女木『女木島名画座』」

    <今回初>
    「島の中の小さなお店」プロジェクト、平尾成志×瀬ト内工芸ズ。「BONSAI deepening roots」、EAT&ART TARO「瀬戸内ガストロノミー」、KOURYOU「家船」、愛知県立芸術大学瀬戸内アートプロジェクトチーム「MEGI HOUSE」


瀬戸内国際芸術祭 観光スポット

  • 大島
    大島
     高松港の北東約8キロに浮かぶ高松市庵治町の島(面積0.62平方キロ)。1909年にハンセン病の療養施設が開設され、46年に「国立療養所大島青松園」に改称。病気への偏見と差別から、入所者は国策に...
    ⇒続きを見る
  • 沙弥島
    沙弥島
     面積0.28平方キロ、人口100人(2019年4月1日現在)。坂出市沖約4キロに浮かぶ島だったが1967年、番の州臨海工業団地造成に伴い地続きとなった。  万葉集ゆかりの地で、柿本人麻呂が「...
    ⇒続きを見る
  • 高松港
    高松港
     瀬戸内国際芸術祭の「マザーポート」で、直島や小豆島、豊島、女木島、男木島、大島、玉野市・宇野港の各会場とを結ぶフェリーや高速艇が発着する。JR高松駅も徒歩10分程度。  近くにある高松シンボ...
    ⇒続きを見る
  • 豊島
    豊島
     直島と小豆島のちょうど中間に位置している。面積14.5平方キロメートル、人口は約800人(2019年4月現在)。半数が65歳以上で、高齢化が進んでいる。  島の最南端には、瀬戸内地域最古級と...
    ⇒続きを見る
  • 小豆島
    小豆島
     土庄町と小豆島町の2町からなり、面積は約153平方キロ。瀬戸内海では淡路島に次いで2番目に大きい。人口は約2万7千人(2019年3月1日現在)。  「日本のオリーブ発祥の地」として全国的に知...
    ⇒続きを見る
  • 女木島
    女木島
     高松市の沖合約約4キロに浮かぶ周囲8.9キロ、面積2.67平方キロメートルの南北に細長い島。人口約140人。1672年に天領となり、幕末には備中倉敷代官の管理下に置かれていたが、廃藩置県で香川...
    ⇒続きを見る
  • 男木島
    男木島
     高松市沖約7.5キロにあり、周囲4.7キロ、面積1.37平方キロメートル。人口は約170人(2019年4月現在)。一説によると、源平屋島合戦で那須与一が射た扇が流れ着いたことから「おぎ(おうぎ...
    ⇒続きを見る
  • 高見島
    高見島
     塩飽諸島のひとつで、多度津町の北西約7.5キロにある。南北に細長い面積2.33平方キロメートルの島内に36人(9月1日現在)が暮らす。階段状に建ち並ぶ家や、自然石の乱れ積みでできている石垣など...
    ⇒続きを見る
  • 宇野港
    宇野港
     岡山県の南端に位置する臨海都市で、1940年に県内4番目の市として誕生。面積103.58平方キロメートル、人口約59300人(2019年3月末現在)。1910年のJR宇野線開通と宇高連絡船就航...
    ⇒続きを見る
  • 本島
    本島
     大小28の塩飽諸島の中心島で、周囲16・4キロ、面積6・74平方キロメートル。人口約300人(2019年1月1日現在)。  豊臣秀吉から徳川慶喜の代まで天領だったものの、島民に自治権が与えら...
    ⇒続きを見る
ページトップへ