山陽新聞デジタル|さんデジ

男木島 (おぎじま)

観光スポット
  • 遠藤利克「Trieb-家」

    遠藤利克「Trieb-家」

    • グレゴール・シュナイダー「未知の作品2019」

    • 村山悟郎「生成するウォールドローイング -日本家屋のために」

    • サラ・ヴェストファル「うちの海 うちの見」

    • 川島猛とドリームフレンズ「The Space Flower・Dance・Ring(宇宙華・舞・環)」

    • 高橋治希「SEA VINE―波打ち際にて―」

    • 移住ブームで保育園、小中学校が再開した男木島。移住者がオープンした「男木島図書館」

    • リン・ティェンミャオ「自転-公転」

    • レジーナ・シルベイラ「青空を夢見て」

    • 松本秋則「アキノリウム」

    • 大岩オスカール「部屋の中の部屋」

    • ジャウメ・プレンサ「男木島の魂」

    • 栗真由美「記憶のボトル」

    • 山口啓介「歩く方舟」

    • 真壁陸二「路地壁画プロジェクト」

    • 名物の島猫

    • 名物たこめし

  •  高松市沖約7.5キロにあり、周囲4.7キロ、面積1.37平方キロメートル。人口は約170人(2019年4月現在)。一説によると、源平屋島合戦で那須与一が射た扇が流れ着いたことから「おぎ(おうぎ)」の島名がついたとされる。
     平地が少ない地形上の制約から稲作が難しく、戦後間もないころまでは島外に牛を貸し出し、その対価として米を手に入れていた。傾斜地に民家が密集して立ち並び、その間を縫うように細い坂道が通る。高台にある豊玉姫神社は安産の神様。
     1895年に設置された男木島灯台は映画「喜びも悲しみも幾年月」(1957年)のロケ地として有名で、明治の洋風建築の官舎跡が灯台資料館として保存・活用されている。灯台周辺を中心に1000万本のニホンスイセンの花畑が広がる(2019年の見ごろは終了)。多くの猫が暮らすことから「猫島」と呼ばれている。
     芸術祭をきっかけに、島暮らしを希望する人らに注目されるようになり、移住者も増えている。

    お店・施設情報

    【 交通 】 <岡山から>
    JR岡山駅、宇野港いずれからも、高松港までは約1時間。岡山駅からは快速マリンライナーが30分に1本(10月1日~片道1550円)、宇野港から高松港へは四国急行フェリーが1日5便運航(10月1日~片道740円)。高松港から男木島へは雌雄島海運のフェリーが1日6便あり、所要時間は約40分(すべて女木島経由。女木島までは約20分)。大人片道510円。※料金はいずれも大人1人

    <島内>
    道幅が狭く、駐車場もないので自家用車は不向き。レンタサイクルもないため、徒歩で移動する

    <島外>
    女木島との間に1日6往復(片道240円)
    【 施設 】 <買い物>
    港そばにJA香川県男木出張所。コンビニなし

    <食事スポット>
    港近辺を中心に10軒程度。地魚料理、うどん、お好み焼きなどが味わえる。軽食、ドリンク類を提供するカフェや地元食材にこだわったフランス料理店も

    <宿泊>
    港周辺に民宿、簡易宿泊所が4軒。1泊2食付で7000円前後から
    【 その他 】 <問い合わせ先>
    男木地区コミュニティ協議会(087-873-0002)
    HP:http://ogijima.info/
    【 会期 】 <時期>
    春、夏、秋

    <主な見どころ>
    夏会期には新たに家を題材にした2作品が加わる。「未知の作品2019」は家や庭、草木に至るまで真っ黒に染めた。初参加の美術家遠藤利克が手掛けた「Trieb-家」は廃屋の天井から滝のように水が落ち続ける。水が勢いよく落ちる様子からはひとときの涼も感じられる
    【 作品 】 <前回からの継続>
    ジャウメ・プレンサ「男木島の魂」(男木交流館)、真壁陸二「男木島 路地壁画プロジェクト wallalley」、オンバ・ファクトリー「オンバ・ファクトリー」、栗真由美「記憶のボトル」、漆の家プロジェクト「漆の家」、山口啓介「歩く方舟」、レジーナ・シルベイラ「青空を夢見て」、大岩オスカール「部屋の中の部屋」、リン・ティェンミャオ「自転-公転」、松本秋則「アキノリウム」

    <今回初>
    川島猛とドリームフレンズ「The Space Flower・Dance・Ring(宇宙華・舞・環)」、グレゴール・シュナイダー「未知の作品2019」、遠藤利克「Trieb-家」、TEAM 男気「タコツボル」、村山悟郎「生成するウォールドローイング -日本家屋のために」、サラ・ヴェストファル「うちの海 うちの見」、高橋治希「SEA VINE―波打ち際にて―」


瀬戸内国際芸術祭 観光スポット

  • 大島
    大島
     高松港の北東約8キロに浮かぶ高松市庵治町の島(面積0.62平方キロ)。1909年にハンセン病の療養施設が開設され、46年に「国立療養所大島青松園」に改称。病気への偏見と差別から、入所者は国策に...
    ⇒続きを見る
  • 沙弥島
    沙弥島
     面積0.28平方キロ、人口100人(2019年4月1日現在)。坂出市沖約4キロに浮かぶ島だったが1967年、番の州臨海工業団地造成に伴い地続きとなった。  万葉集ゆかりの地で、柿本人麻呂が「...
    ⇒続きを見る
  • 高松港
    高松港
     瀬戸内国際芸術祭の「マザーポート」で、直島や小豆島、豊島、女木島、男木島、大島、玉野市・宇野港の各会場とを結ぶフェリーや高速艇が発着する。JR高松駅も徒歩10分程度。  近くにある高松シンボ...
    ⇒続きを見る
  • 豊島
    豊島
     直島と小豆島のちょうど中間に位置している。面積14.5平方キロメートル、人口は約800人(2019年4月現在)。半数が65歳以上で、高齢化が進んでいる。  島の最南端には、瀬戸内地域最古級と...
    ⇒続きを見る
  • 小豆島
    小豆島
     土庄町と小豆島町の2町からなり、面積は約153平方キロ。瀬戸内海では淡路島に次いで2番目に大きい。人口は約2万7千人(2019年3月1日現在)。  「日本のオリーブ発祥の地」として全国的に知...
    ⇒続きを見る
  • 女木島
    女木島
     高松市の沖合約約4キロに浮かぶ周囲8.9キロ、面積2.67平方キロメートルの南北に細長い島。人口約140人。1672年に天領となり、幕末には備中倉敷代官の管理下に置かれていたが、廃藩置県で香川...
    ⇒続きを見る
  • 男木島
    男木島
     高松市沖約7.5キロにあり、周囲4.7キロ、面積1.37平方キロメートル。人口は約170人(2019年4月現在)。一説によると、源平屋島合戦で那須与一が射た扇が流れ着いたことから「おぎ(おうぎ...
    ⇒続きを見る
  • 高見島
    高見島
     塩飽諸島のひとつで、多度津町の北西約7.5キロにある。南北に細長い面積2.33平方キロメートルの島内に36人(9月1日現在)が暮らす。階段状に建ち並ぶ家や、自然石の乱れ積みでできている石垣など...
    ⇒続きを見る
  • 宇野港
    宇野港
     岡山県の南端に位置する臨海都市で、1940年に県内4番目の市として誕生。面積103.58平方キロメートル、人口約59300人(2019年3月末現在)。1910年のJR宇野線開通と宇高連絡船就航...
    ⇒続きを見る
  • 本島
    本島
     大小28の塩飽諸島の中心島で、周囲16・4キロ、面積6・74平方キロメートル。人口約300人(2019年1月1日現在)。  豊臣秀吉から徳川慶喜の代まで天領だったものの、島民に自治権が与えら...
    ⇒続きを見る
ページトップへ