山陽新聞デジタル|さんデジ

本島 (ほんじま)

観光スポット
  • 笠島伝統的建造物群保存地区

    笠島伝統的建造物群保存地区

    • 中村厚子の「海境」

    • ラックス・メディア・コレクティブの「恋の道」

    • アリシア・クヴァーデの「レボリューション/ワールドラインズ」

    • ピナリー・サンピタックの「笠島―黒と赤の家」

    • 五十嵐靖晃「そらあみ<島巡り>」

    • アレクサンドル・ポノマリョフ「水の下の空」

    • 真壁陸三「咸臨の家」

    • 石井章「Vertrek『出航』」

    • 村尾かずこ「漆喰・鏝絵かんばんプロジェクト」

  •  大小28の塩飽諸島の中心島で、周囲16・4キロ、面積6・74平方キロメートル。人口約300人(2019年1月1日現在)。
     豊臣秀吉から徳川慶喜の代まで天領だったものの、島民に自治権が与えられた珍しい島。幕府の資材や要人を運んだりする御用船方として仕え、塩飽水軍の船の技術や操りは全国に名をはせた。島民が統治した政所「塩飽勤番所」が今も残り、秀吉らからの朱印状などが展示されている。
     港から約2キロの笠島地区は、国の重要伝統的建造物群保存地区に指定され、白壁や格子窓の町並みが残っている。

    お店・施設情報

    【 交通 】 <岡山から>
    児島観光港から定期船で約20分。通常は1日4往復だが、秋会期中は6往復になる。片道大人650円(10月1日~)

    <島内>
    本島港から島内を回るコミュニティバスは1日5便運行。港近くの待合所にレンタサイクルあり

    <島外>
    丸亀港から1日8往復の定期船があり、秋会期中は10往復に増便される。片道大人560円(10月1日~)。牛島経由便もある。このほか秋会期中に限り、本島と高見島を結ぶ高速艇が1日6往復運航される
    【 施設 】 <買い物>
    島内に4軒の商店がある。自動販売機は点在。スーパーやコンビニはない

    <食事スポット>
    パン屋、カフェ、茶房など5軒

    <宿泊>
    民宿が4軒
    【 その他 】 <お土産>
    特になし

    <問い合わせ先>
    本島市民センター(0877-27-3222)、丸亀市文化課(0877-24-8822)
    HP:丸亀市のページ
    【 会期 】 <時期>


    <主な見どころ>
    網元の家であった築100年を超える古民家を舞台にした「海境」は、本島周辺ならではの複雑な潮流を再現。隙間風や人の動きによって動くスモークにレーザーを当て流動的な水面を表現する
    【 作品 】 <前回から継続>
    石井章「Vertrek『出航』」、川口豊・内藤香織「シーボルトガーデン」、村尾かずこ「漆喰・鏝絵かんばんプロジェクト」、斎藤正×続・塩飽大工衆「善根湯×版築プロジェクト」、五十嵐靖晃「そらあみ<島巡り>」、真壁陸二「咸臨の家」、古郡弘「産屋から、殯屋から」、ツェ・スーメイ「Moony Tunes」、アレクサンドル・ポノマリョフ「水の下の空」

    <今回初>
    ピナリー・サンピタック「笠島-黒と赤の家」、ラックス・メディア・コレクティブ「恋の道」、アリシア・クヴァーデ「レボリューション/ワールドラインズ」、中村厚子「海境」


瀬戸内国際芸術祭 観光スポット

  • 大島
    大島
     高松港の北東約8キロに浮かぶ高松市庵治町の島(面積0.62平方キロ)。1909年にハンセン病の療養施設が開設され、46年に「国立療養所大島青松園」に改称。病気への偏見と差別から、入所者は国策に...
    ⇒続きを見る
  • 沙弥島
    沙弥島
     面積0.28平方キロ、人口100人(2019年4月1日現在)。坂出市沖約4キロに浮かぶ島だったが1967年、番の州臨海工業団地造成に伴い地続きとなった。  万葉集ゆかりの地で、柿本人麻呂が「...
    ⇒続きを見る
  • 高松港
    高松港
     瀬戸内国際芸術祭の「マザーポート」で、直島や小豆島、豊島、女木島、男木島、大島、玉野市・宇野港の各会場とを結ぶフェリーや高速艇が発着する。JR高松駅も徒歩10分程度。  近くにある高松シンボ...
    ⇒続きを見る
  • 豊島
    豊島
     直島と小豆島のちょうど中間に位置している。面積14.5平方キロメートル、人口は約800人(2019年4月現在)。半数が65歳以上で、高齢化が進んでいる。  島の最南端には、瀬戸内地域最古級と...
    ⇒続きを見る
  • 小豆島
    小豆島
     土庄町と小豆島町の2町からなり、面積は約153平方キロ。瀬戸内海では淡路島に次いで2番目に大きい。人口は約2万7千人(2019年3月1日現在)。  「日本のオリーブ発祥の地」として全国的に知...
    ⇒続きを見る
  • 女木島
    女木島
     高松市の沖合約約4キロに浮かぶ周囲8.9キロ、面積2.67平方キロメートルの南北に細長い島。人口約140人。1672年に天領となり、幕末には備中倉敷代官の管理下に置かれていたが、廃藩置県で香川...
    ⇒続きを見る
  • 男木島
    男木島
     高松市沖約7.5キロにあり、周囲4.7キロ、面積1.37平方キロメートル。人口は約170人(2019年4月現在)。一説によると、源平屋島合戦で那須与一が射た扇が流れ着いたことから「おぎ(おうぎ...
    ⇒続きを見る
  • 高見島
    高見島
     塩飽諸島のひとつで、多度津町の北西約7.5キロにある。南北に細長い面積2.33平方キロメートルの島内に36人(9月1日現在)が暮らす。階段状に建ち並ぶ家や、自然石の乱れ積みでできている石垣など...
    ⇒続きを見る
  • 宇野港
    宇野港
     岡山県の南端に位置する臨海都市で、1940年に県内4番目の市として誕生。面積103.58平方キロメートル、人口約59300人(2019年3月末現在)。1910年のJR宇野線開通と宇高連絡船就航...
    ⇒続きを見る
  • 本島
    本島
     大小28の塩飽諸島の中心島で、周囲16・4キロ、面積6・74平方キロメートル。人口約300人(2019年1月1日現在)。  豊臣秀吉から徳川慶喜の代まで天領だったものの、島民に自治権が与えら...
    ⇒続きを見る
ページトップへ