山陽新聞デジタル|さんデジ

ニュース

吉備津彦神社で「全国大陶器市」 有田や信楽など20万点並ぶ

多彩な焼き物が並ぶ全国大陶器市の会場
多彩な焼き物が並ぶ全国大陶器市の会場
 全国各地の有名な焼き物を一堂に集めた恒例の「全国大陶器市」(全国大陶器市振興会主催)が11日、岡山市北区一宮の吉備津彦神社で始まった。19日まで。

 備前焼をはじめ、有田焼(佐賀県)や信楽焼(滋賀県)、波佐見焼(長崎県)など県内外の窯元ら12業者が約20万点を出品。皿や酒器、ティーカップなどが通常価格より2~5割引きとあって初日から愛好家らが大勢詰め掛け、窯元らとの会話を楽しみながら、じっくり品定めしていた。

 美濃焼(岐阜県)の茶わんを購入した同市中区の男性(70)は「軽さやシンプルな色合いに引かれた。品が多彩で目移りしますね」と話していた。

 午前10時~午後5時半(最終日は同4時まで)。

(2020年01月11日 18時31分 更新)

【ニュース】の最新記事

あなたにおすすめ

ページトップへ