山陽新聞デジタル|さんデジ

ニュース

岡山神社で5日にのみの市 14日音楽祭、神社身近に感じて

のみの市と音楽祭をポスターでPRする久山宮司
のみの市と音楽祭をポスターでPRする久山宮司
 岡山神社(岡山市北区石関町)は5日にのみの市、14日に音楽祭を境内で開く。秋季大祭(12日)に合わせた恒例行事。

 のみの市は岡山県内外の26店が参加。食器や家具、雑貨などのアンティーク類のほか、アクセサリー、植物などが並ぶ。ガラスのはんこ作り、藍染め体験を楽しむワークショップがあるほか、インドカレー、チーズケーキなど食べ物の販売もある。午前8時~午後3時。

 音楽祭は7組が出演する。総社市出身のシンガー・ソングライター日野良一さんをはじめ、岡山が拠点のアーティストユニット「戦国舞将女(ぶしょうじょ)」などが登場。食べ物や酒類の屋台も並ぶ。午後2時~5時半。

 いずれも入場無料。久山信太郎宮司は「イベントを機に神社を身近に感じてもらいたい」と話す。

 問い合わせはのみの市実行委(086―236―0165)、音楽祭実行委(086―222―7198)。

(2019年10月04日 10時09分 更新)

【ニュース】の最新記事

あなたにおすすめ

ページトップへ