山陽新聞デジタル|さんデジ

ニュース

14、15日イベント中止相次ぐ 台風接近で岡山県内や広島東部

14、15日イベント中止相次ぐ 台風接近で岡山県内や広島東部
 岡山県内では13日、台風10号の接近に伴い、14、15日に開催予定だったイベントの中止や延期などの決定が相次いだ。

 岡山市の後楽園と岡山城で開催中の夜間ライトアップイベント「夏の幻想庭園」「夏の烏城灯源郷」は14、15日の点灯を中止する。後楽園、岡山城天守閣は14日は通常通り開園、開場し、15日はいずれも台風の状況を見て判断する。

 県内と香川県の7島2港を舞台に夏会期を開催している「瀬戸内国際芸術祭2019」の実行委は14日(一部会場は午後以降)と15日の展示作品・施設の公開休止を決めた。

 高梁市のJR備中高梁駅前大通り周辺で行われる「備中たかはし松山踊り」(14~16日)は15日を中止、14日は終了時間を1時間半短縮して午後9時とする。ただ、15日の「仕組(しぐみ)踊り」は16日に実施する見込み。

 15日に真庭市蒜山中福田の福田神社で予定されていた盆踊り「大宮踊」(国重要無形民俗文化財)と神社近くの旭川河川敷での「ひるぜん花火大会」は、いずれも17日に延期となった。

 奈義町では、町ふるさと夏まつりの実行委が14日のまつりの中止を決めた。

 玉野市の渋川海水浴場は14、15日、終日遊泳禁止となる。市は「全国で水難事故が相次いでいることから決めた」としている。

 県は、お盆で帰省した社会人や学生を対象に、15日に岡山国際交流センター(岡山市北区奉還町)で初めて開く予定だった「Uターン移住相談会」を来場者の安全面などから中止することとした。

■備後地方

 台風10号の接近に伴い、備後地方では14、15の両日に予定されていたイベントが中止や変更となった。

 福山祭委員会(福山市や福山青年会議所などで構成)は13日、「福山夏まつり」(14、15日)を中止すると発表した。県無形民俗文化財の「二上りおどり」大会や例年33万人前後の来場者がある「あしだ川花火大会」を市中心部で開催予定だった。同まつりの記録が残る1971年以降、全日程で中止するのは初めて。同委員会の宇田貴美・企画実行委員長は「来場者の安全が第一。残念だが仕方ない」と話した。

 14日午後5時から霞町で予定されている「霞本通とうろうまつり」は会場を霞小体育館に移して実施する。警報発令の場合は中止も検討するという。

 庄原市と神石高原町は、それぞれお盆の帰省に合わせて15日に予定していた成人式を延期した。開催日は庄原市は未定で、神石高原町は来年1月の予定。また、両市町とも14日に早めに避難所を開設する方針で、庄原市は午後5時から自治振興区単位の22カ所、神石高原町は午後6時から旧町村単位の4カ所に設けることで調整を続けている。


【14日】
・奈義町ふるさと夏まつり(奈義町・奈義中央広場)
・西粟倉村夏まつり花火大会(西粟倉村・村民総合グラウンド)

【14、15日】
・福山夏まつり(福山市・市中央公園など)
・夏の幻想庭園(岡山市・後楽園)
・夏の烏城灯源郷(岡山市・岡山城)
・瀬戸内国際芸術祭(14日午後、15日終日)

【15日】
・備中たかはし松山踊り(高梁市・JR備中高梁駅前大通りなど)=14、16日は実施
・大宮踊(真庭市蒜山中福田・福田神社)=17日に延期
・ひるぜん花火大会(真庭市蒜山西茅部・旭川河川敷)=17日に延期
・おかやまUターン・お盆移住相談会(岡山市・岡山国際交流センター)
・天領上下花火まつり(府中市・上下中グラウンド)

(2019年08月14日 11時45分 更新)

【ニュース】の最新記事

あなたにおすすめ

ページトップへ