山陽新聞デジタル|さんデジ

ニュース

美作・大聖寺のナツツバキが見頃 緑に映える白い花 7日まで花祭り

清らかな白い花を咲かせたナツツバキ
清らかな白い花を咲かせたナツツバキ
 沙羅の花として親しまれるナツツバキが美作市大聖寺の古刹(こさつ)、大聖寺で見頃を迎えている。清らかな真っ白い花が木々の緑に映える。7月いっぱい楽しめる。

 平家物語に沙羅双樹として登場し、一夜で散ることから、はかなさを象徴する花。境内には100本以上が育っており、今年は6月下旬から咲き始めた。

 散策道を設けており、クマ出没による立ち入り禁止区域を除いて約50本を観賞できる。7日まで花祭り(入山料500円)を開催し、茶席を設け、庭園や客殿を公開している。

 福田寺大英(ふくでんじ・だいえい)住職(72)は「散っては咲き、散っては咲きと花をつけてくれている。ぜひ、足を運んでほしい」と話している。

 8日以降も自由に参拝できる。問い合わせは大聖寺(0868―76―0001)。

(2019年07月05日 13時40分 更新)

【ニュース】の最新記事

あなたにおすすめ

ページトップへ