山陽新聞デジタル|さんデジ

ニュース

初詣時の最上稲荷周辺で交通規制 3日まで、高松駅から一方通行

初詣時の最上稲荷周辺で交通規制 3日まで、高松駅から一方通行
 岡山西署は31日夜から1月3日まで、初詣客による渋滞が予想される最上稲荷(岡山市北区高松稲荷)周辺の道路を交通規制する。

 規制は、31日午後9時~1月1日午後7時と2、3日の午前7時~午後7時。国道180号と最上稲荷を結ぶ高松駅東交差点―池の下交差点間、同交差点―高松駅西交差点間を一方通行にする。

 渋滞のピークは31日午後11時から1日午前0時ごろと予想。岡山方面からの国道180号の迂回(うかい)路として、180号の中川橋交差点から県道妹尾御津線に入るルートを勧めている。参拝以外で稲荷周辺を通る場合は、県道川入巌井線などの利用を呼び掛けている。

 交通規制図は岡山県警ホームページで閲覧できるほか、約6千枚を県内の警察署、交番で配布している。

(2018年12月31日 09時04分 更新)

【ニュース】の最新記事

あなたにおすすめ

ページトップへ