山陽新聞デジタル|さんデジ

2020年版ガイドブックは10月発刊予定です。

お知らせ

樋の尻山 嫁いらず観音院(ひのしりざん よめいらずかんのんいん)

大祭の様子。聖観世音大菩薩像がひときわ目をひく。希望者にはボランティアガイドがついてくれる
大祭の様子。聖観世音大菩薩像がひときわ目をひく。希望者にはボランティアガイドがついてくれる
樋の尻山 嫁いらず観音院(ひのしりざん よめいらずかんのんいん)
梵字が刻まれた弘法大師の曼荼羅像
梵字が刻まれた弘法大師の曼荼羅像
妙見平にある「槙尾寺の磨崖仏」
妙見平にある「槙尾寺の磨崖仏」
健康長寿・生涯幸福を願い、全国から参拝客が集まる

 名僧行基の開山と伝えられ、ご本尊は十一面観世音菩薩としている。「老いても嫁の手を煩わすことなく、健康で幸せな生涯をまっとうできる」という霊験があり、そのため「嫁不要(よめいらず)の観音様」と呼ばれている。縁日にあたる春と秋の大祭や毎月の月例祭には、中・四国はもとより広く全国からも参拝者が詰めかける。また、樋の尻山の西国33観音霊場巡りも人気で、スタンプラリーも好評だ。普段は無住職だが、地域住民が寺院運営の管理を行っており、自由に参拝できる。

ご案内

住所/〒715-0023 井原市大江町1036
TEL/0866-67-2202(火曜日以外の9:00~16:00)
交通/山陽自動車道・笠岡ICから車で20分。井原鉄道・井原駅から車で7分
HPアドレス/http://www.ibarakankou.jp/data/DB016/DB016.html
宗派/真言宗
ご本尊/十一面観世音菩薩
開山/737(天平9)年
ご利益等/身体健全、健康長寿、家内安全、子宝安産、学業成就、交通安全、五穀豊穣 ほか
代表的寺宝/本堂、福聚殿、鐘楼、聖観世音大菩薩像、奥の院大岩盤の弘法大師像、樋の尻山西国33観音霊場(33体の石仏)、弘法大師立像、六地蔵

年間行事

毎月第3日曜日(3・9月を除く)/月例祭
春分の日、秋分の日/大祭
12月31日~1月1日/迎春の初詣り
通年/樋の尻山 西国33観音霊場巡り

【ここも! 見どころ発見】

御肌守

 朱印がプリントされた肌着(健康パンツ)とお札がセットになった、全国でも珍しいお守り。身につけると無病息災で一生を幸福に過ごすことができ、老後も介護などで嫁の手をわずらわすことなく、健康な余生を送ることができるとされ、無病息災を願って購入する参拝客も多い。

【お知らせ】の最新記事

  • 7月7日 七夕まつり(最上稲荷)
    7月7日 七夕まつり(最上稲荷)
    7月7日(火)、良縁成就・諸芸上達を祈る善男善女のためのご祈祷が、本殿にて終日行われます。ご祈祷を受けた方には、特別札・お守り・短冊が授与されます。 ⇒続きを見る
  • 7月7日 縁の末社で両縁参り(最上稲荷)
    7月7日 縁の末社で両縁参り(最上稲荷)
    7月7日(火)午前11時から、僧侶が「縁の末社」の正式参拝を伝授します。茶菓のご接待と「縁」にまつわる法話の後に、参加者限定の「縁御守」が授与されます。奉納料は900円。1月を除く毎月7日に行わ...⇒続きを見る
  • 7月12日 投げ銭供養(朝日寺)
    7月12日 投げ銭供養(朝日寺)
    7月12日午前9時半~10時ごろ、御詠歌奉納と法要があります。投げ銭供養は江戸時代よりこの地域にのみ伝わる、紙に包んだおさい銭を投げて亡くなった方を供養する非常に珍しい風習の行事ですが、今回は社...⇒続きを見る
  • 8月7日 縁の末社で両縁参り(最上稲荷)
    8月7日 縁の末社で両縁参り(最上稲荷)
    8月7日(金)午前11時、縁の末社で両縁参りが行われます。僧侶が「縁の末社」への正式参拝を伝授します。正式参拝後は「縁」にまつ わる法話が行われ、参加者限定の「縁御守」が授与されます(奉納料90...⇒続きを見る
  • 桃の御朱印帳(吉備津彦神社)
    桃の御朱印帳(吉備津彦神社)
    2016年6月、吉備津彦神社に新しい御朱印帳が誕生しました。表は、岡山名物の白桃が、昔話「ももたろう」のお話のように川を流れている様子が描かれています。中の紙には、表と同様の桃が描かれており、岡...⇒続きを見る

あなたにおすすめ

ページトップへ