山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山ロケ地ガイド

みとりし(2019年公開)

(C)2019「みとりし」製作委員会
(C)2019「みとりし」製作委員会

交通事故で娘を亡くした定年間際のビジネスマン・柴久生(榎木孝明)。家族もバラバラになり、喪失感から自暴自棄になり、自殺を図ろうとした彼の耳に聞こえた「生きろ」の声。それは切磋琢磨して一緒に仕事に励んだ友人・川島の最期の声だったと、彼の「看取り士」だった女性から聞かされる。聞き慣れない看取り士という職業に興味を持った柴は、5年後、セカンドライフの仕事として看取り士を選び、岡山県高梁市で最期の時を迎える患者たちを温かく支えていた―。
監督:白羽弥仁
出演:榎木孝明、村上穂乃佳、高崎翔太、斉藤暁

■JR方谷駅(高梁市)


JR方谷駅で行われたロケ=2018年8月
JR方谷駅で行われたロケ=2018年8月

備中松山藩の藩政改革を手掛けた陽明学者山田方谷(1805~77年)にちなみ、1928年の開業当時は全国唯一の「人名駅」だった。国登録有形文化財の木造駅舎が今も現役で活躍している。「ようこそ備中高梁へ」―。新見行きの電車に乗って新人看取り士として赴任してきたみのり(村上穂乃佳)を久生が迎えるシーンが撮影された。



■吹屋ふるさと村(高梁市)


ベンガラ色の町並みが広がる吹屋ふるさと村
ベンガラ色の町並みが広がる吹屋ふるさと村

かつて銅山と赤色顔料のベンガラ生産で栄え、江戸時代末期から明治期の商家や宿屋跡が連なる。赤褐色の石州瓦や赤土の壁、ベンガラを塗り込んだ格子戸で彩られた町並みは、みのりが依頼者のもとへ車で移動するシーンで登場する。



■こぼれ話


雲海に浮かぶ備中松山城天守
雲海に浮かぶ備中松山城天守

原案を手掛けた一般社団法人・日本看取り士会(岡山市)の柴田久美子会長の強い要望で、作中に登場する景色や外の風景はすべて高梁市で撮影された。中でも、備中松山城が浮かんだように見える「雲海」は市の代表的な観光名所。その幻想的な雰囲気は、天国に旅立つシーンに重ね合わせた。高梁での撮影は西日本豪雨の影響で1カ月遅れの2018年8月だったが、雲海が現れるのは10月下旬~12月上旬で、撮影陣は再度高梁市入りしたという。

(2021年04月21日 14時16分 更新)

【岡山ロケ地ガイド】の最新記事

  • 恋は光(2022年6月17日公開)
    恋は光(2022年6月17日公開)
     集英社「ウルトラジャンプ」で連載された「秋★枝」の同名コミックを、いま人気の神尾楓珠主演で実写映画化。恋する女性が光って見えてしまうという特異な体質のため、恋を遠ざけていた大学生・西条(...⇒続きを見る
  • 劇場版ラジエーションハウス(2022年4月29日公開)
    劇場版ラジエーションハウス(2022年4月29日公開)
     病院の放射線科・ラジエーションハウスを舞台に診療放射線技師たちの活躍を描く。甘春総合病院の放射線技師・五十嵐唯織(窪田正孝)は落ち込んでいた。大好きな甘春杏(本田翼)が、放射線科医として...⇒続きを見る
  • とんび(2022年4月8日公開)
    とんび(2022年4月8日公開)
    津山市出身の直木賞作家・重松清のベストセラー小説を、阿部寛と北村匠海の共演で実写映画化。不器用な男・ヤスは、愛する妻の妊娠にもうまく喜びを表せない。幼い頃、両親と離別したヤスにとって“家族...⇒続きを見る
  • 燃えよ剣(2021年公開)
    燃えよ剣(2021年公開)
    歴史小説界の巨星・司馬遼太郎が、新選組副長・土方歳三を主人公に描いた国民的ベストセラーの映画化。武州多摩のバラガキ(ならず者)土方は「武士になる」という熱い夢を胸に、近藤勇、沖田総司ら同志...⇒続きを見る
  • しあわせのマスカット(2021年公開)
    しあわせのマスカット(2021年公開)
    北海道から修学旅行で岡山に来ていた相馬春奈(福本莉子)は、入院中の祖母のために、ブドウの高級品と言われるマスカット・オブ・アレキサンドリアの代わりに、果実をそのまま和菓子にした「陸乃宝珠」...⇒続きを見る

あなたにおすすめ

ページトップへ