山陽新聞デジタル|さんデジ

ニュース

パクチーの恵みに感謝 9日、備前国総社宮で祭り

「岡山パクチー奉納祭」のポスターを手にする武部宮司
「岡山パクチー奉納祭」のポスターを手にする武部宮司
 岡山県特産の香草・パクチーにちなんだ「岡山パクチー奉納祭」(実行委主催)が9日、備前国総社宮(岡山市中区祇園)で開かれる。昨年に続き、今年も新型コロナウイルス感染対策のため規模を縮小。会場の様子は、動画投稿サイト・ユーチューブでライブ配信する。

 パクチーをトッピングした総社宮特製ギョーザと、吉備土手下麦酒醸造所(同市)のパクチービールを販売。パクチーをデザインした絵馬(500円)や手拭い(千円)も用意する。午後5時からは拝殿で神事があり、武部一宏宮司(48)がおはらいしたパクチーを供え、祝詞を奏上する。神事などは総社宮の公式チャンネルで公開する。

 奉納祭は総社宮の近くにパクチーの主産地である同市北区の玉柏・牟佐地区があることから、2017年に始めた。武部宮司は「自然の恵みに感謝するとともに、皆さんが安全に暮らせるようにコロナの収束を願いたい」と話す。

 午後5時~7時半。小雨決行。問い合わせは備前国総社宮(086―275―7055)。

(2021年08月05日 18時03分 更新)

【ニュース】の最新記事

あなたにおすすめ

ページトップへ