山陽新聞デジタル|さんデジ

ニュース

コロナ収束祈り奉納神楽 岡山・吉備津神社で鑑賞会

コロナ禍の早期収束を祈り、吉備津神社で披露された奉納神楽
コロナ禍の早期収束を祈り、吉備津神社で披露された奉納神楽
 新型コロナウイルスの災厄をはらおうと、岡山県内の神楽師らでつくる「備中神楽保存振興会」(藤原肇会長)は21日、岡山市北区吉備津の吉備津神社で奉納神楽の鑑賞会を開いた。勇壮な舞や温羅(うら)伝説にちなんだ演目を披露し、観客とともに一日も早いコロナ禍の収束を祈った。

 同振興会のメンバー8人が出演。国宝の拝殿前に神殿(こうどの)を設置し、場を清める「榊舞」で開幕した。神楽太夫らは「疫病退散」「医療関係者に感謝」などと言葉を交えながら優雅に舞い、「吉備津」では吉備津彦命(きびつひこのみこと)と温羅が弓矢を持ちにらみ合う緊迫の場面を演じた。息の合った所作や華麗な太刀さばきに、約300人の観客から大きな拍手が送られた。

 家族で訪れた会社員男性(35)=同市南区=は「外出しにくい状況が続くが、子どもたちも迫力ある神楽を楽しんでくれて、気分転換になった。早く日常が戻ってほしい」と話した。

(2021年02月21日 18時42分 更新)

【ニュース】の最新記事

あなたにおすすめ

ページトップへ