山陽新聞デジタル|さんデジ

ファジアーノ岡山

今季から指揮を執る有馬賢二監督の下、J参戦11年目のリーグに挑むファジアーノ岡山の選手、指導陣の横顔を紹介する。【数字】は背番号、★は新加入選手。
【1】GK椎名 一馬 【1】GK椎名 一馬(32)
大声で常に仲間を鼓舞するムードメーカー。ファジ一筋11年目を迎え、昇格へ「全員でチームになる」。千葉県出身。流通経大出。178センチ、74キロ。
【2】DF広木 雄磨 ★【2】DF広木 雄磨(26)
J2山口から加入のサイドバックは堅実な守備が持ち味。「早く名前と顔を覚えてもらえるよう活躍する」。東京都出身。東学大出。168センチ、68キロ。
【3】DF後藤 圭太 【3】DF後藤 圭太(32)
対人の強さはチーム随一。「心一つに共に戦いましょう」。右膝半月板損傷から再起を期す。茨城県出身。鹿島高(鹿島ユース)出。183センチ、75キロ。
【4】DF浜田 水輝 【4】DF浜田 水輝(28)
空中戦、フィジカルに自信を持つ。「相手エースを止める」。昨季は23試合3得点。米国出身。和光国際高(浦和ユース)出。186センチ、83キロ。
【5】DF増田 繁人 【5】DF増田 繁人(26)
190センチ、83キロの体で空中戦に強さを発揮する。はまっていることは帽子集め。好きな言葉は「死ぬこと以外かすり傷」。千葉県出身。流経大柏高出。
【6】DF喜山 康平 【6】DF喜山 康平(30)
昨季チーム最多タイの40試合出場。豊富な経験と左足パスが攻守に安定感をもたらす。東京都出身。百合丘高(東京Vユース)出。179センチ、75キロ。
【7】FW中野誠也 ★【7】FW中野 誠也(23)
育成型期限付き移籍で5月、J1磐田から加入。「勝利、そしてJ1昇格のために全力を尽くす」。静岡県出身。筑波大出。173センチ、66キロ。
【8】DF田中 裕介 ★【8】DF田中 裕介(32)
C大阪から加わりJ1通算228試合出場。尊敬する人は横浜Mで先輩だった元日本代表DF松田直樹。東京都出身。桐光学園高出。181センチ、77キロ。
【9】FW李 勇載 【9】FW李 勇載(27)
韓国代表歴を持つストライカー。けがに泣いた昨季は11試合出場1得点に終わった。「多くの得点とアシストで勝利に貢献する」と燃える。184センチ、78キロ。
【10】FWレオミネイロ ★【10】FWレオミネイロ(28)
J2の岐阜、福岡でも活躍した点取り屋はシュート技術と速さが武器。J1昇格のため「仲間と最後まで戦い抜く」。元U―15ブラジル代表。178センチ、78キロ。
【11】FW三村 真 【11】FW三村 真(29)
左サイドを切り裂く快足ドリブラー。守備も向上し、昨季は自己最多35試合出場。今夢中なのは海外ドラマ。広島市出身。拓大出。166センチ、60キロ。
【13】GK金山 隼樹 【13】GK金山 隼樹(30)
入団2年目の守護神は明るく親しみやすいキャラクター。「みんなの力を一つに昇格しましょう」。島根県出身。立命大出。187センチ、80キロ。
【14】MF上田 康太 【14】MF上田 康太(32)
高精度の左足キックで好機を演出する司令塔。威力を増した直接FK、運動量も光る。東京都出身。磐田東高(磐田ユース)出。174センチ、67キロ。
【16】MF武田 将平 【16】MF武田 将平(24)
大卒3年目の勝負の年。長短のパスで攻撃を操るレフティーは「岡山が一体となり、J1へ」。神奈川県出身。神奈川大出。181センチ、73キロ。
【17】MF関戸 健二 【17】MF関戸 健二(29)
細身の体(175センチ、68キロ)に秘めたスタミナ、ハードワークは必見。口数は少なくとも熱いプレーでチームを引っ張る。神奈川県出身。流通経大出。
【18】FW斉藤 和樹 【18】FW斉藤 和樹(30)
今季は右MFに挑戦中のアタッカー。持ち前の球際の強さも健在だ。「勝負強さをつけ、昇格する」。静岡県出身。中京大出。178センチ、71キロ。
【19】MF仲間 隼斗 【19】MF仲間 隼斗(26)
昨季はチーム最多8得点。力強いドリブル、意表を突くシュートが武器。趣味は愛犬との散歩。群馬県出身。柏日体高(柏U―18)出。170センチ、64キロ。
【20】DF崔 程援 【20】DF崔 程援(23)
韓国大学選抜歴のあるセンターバック。同国の先輩イ・ヨンジェを慕いアドバイスを受けている。「闘志あふれる姿を見てほしい」。186センチ、83キロ。
【21】DF椋原 健太 【21】DF椋原 健太(29)
堅実な守備で貢献するイケメンプレーヤー。「一緒にJ1に行きましょう」。東京都出身。都立つばさ総合高(FC東京U―18)出。173センチ、64キロ。
【22】GK一森 純 【22】GK一森 純(27)
シュートストップや思い切りの良い飛び出し、ビルドアップが得意。「J2優勝を必ず達成しましょう」。大阪府出身。関学大出。182センチ、77キロ。
【23】FW松木 駿之介 ★【23】FW松木 駿之介(22)
ドリブル突破が持ち味。「晴れの国岡山で太陽のように輝く」ため膝の故障から完全復帰を目指す。神奈川県出身。慶大出。170センチ、68キロ。
【24】FW赤嶺 真吾 【24】FW赤嶺 真吾(35)
チーム最年長35歳。昨季は2得点にとどまったが、相手との駆け引きや味方を生かす献身的なプレーは円熟の域。沖縄県出身。駒大出。180センチ、78キロ。
【25】MF久保田 和音 ★【25】MF久保田 和音(22)
J1鹿島から期限付で加入した攻撃的選手。好きな言葉は「念」。オフはゲームでリラックスする。愛知県出身。大阪桐蔭高出。170センチ、62キロ。
【26】MF松本 健太郎 【26】MF松本 健太郎(22)
入団2年目のアタッカーは「今年は勝負の年」と強い決意をにじませる。趣味はコーヒーを飲むこと。佐賀県出身。佐賀大出。170センチ、67キロ。
【28】FWハディ・ファイヤッド ★【28】FWハディ・ファイヤッド(19)
22歳以下マレーシア代表の点取り屋は186センチ、78キロと大柄ながら技術も確か。「幸運を祈って応援してください」。憧れのJリーグでの成功を目指す。
【29】MF劉 龍賢 ★【29】MF劉 龍賢(18)
高卒新人の韓国人レフティー。キックに自信を持ち、パスで相手の急所を突く。戦術への適応力も高い。「チームのために成長する」。182センチ、76キロ。
【30】FW武田 拓真 【30】FW武田 拓真(23)
狭いエリアでの鋭いドリブルは大きな魅力。昨季終盤戦でJデビューした。「目に見える結果を出す」。和歌山県出身。東海学園大出。170センチ、60キロ。
【31】DF下口 稚葉 【31】DF下口 稚葉(20)
昨季Jデビューを飾り、上昇気流に乗る。ボール奪取や積極性を生かし定位置争いに挑む。福井県出身。JFAアカデミー福島出。178センチ、72キロ。
【32】FW福元 友哉 【32】FW福元 友哉(19)
将来のエース候補は昨季10試合出場。尊敬するのは日本代表FW大迫勇也。「今季は得点力を上げる」。神奈川県出身。市船橋高出。182センチ、72キロ。
【33】DF阿部 海大 【33】DF阿部 海大(19)
昨季はクラブ史上初の高卒開幕スタメンを飾った。期待の有望株は「今年は結果を出し続ける」。趣味は読書。大分県出身。東福岡高出。182センチ、75キロ。
【34】MFデューク・カルロス 【34】MFデューク・カルロス(18)
左サイドバックが主戦場。「気持ちが強くなった」昨季を経て積極的な攻撃参加でアピールしたい。東京都出身。日出高(川崎U―18)出。177センチ、67キロ。
【40】GK李 京泰 【40】GK李 京泰(23)
191センチ、81キロと体格に恵まれ、長い手足でゴール前に立ちはだかる。蓄えてきた地力を発揮し、正GK争いに食い込む。趣味は部屋の掃除。韓国出身。

監督 有馬 賢二 監督 有馬 賢二(46)
就任1年目でJ2は初指揮となる。好きな言葉は「本気」。サポーターへ「熱い声援をよろしくお願いします」と呼び掛ける。神奈川県出身。日大出。
コーチ 戸田 光洋 コーチ 戸田 光洋(41)
現役時代はFC東京で活躍した。コーチ就任5年目で「岡山が大好きになりました。今年こそ目標を達成しましょう」。宮崎県出身。筑波大出。
フィジカルコーチ 矢野 由治 フィジカルコーチ 矢野 由治(49)
2年目となるクラブ初の“フィジコ”は独自のメニューで選手のコンディションを支える。息抜きは「映画鑑賞」。長崎県出身。早大出。
コーチ 真中 幹夫 コーチ 真中 幹夫(49)
5年ぶりに復帰の熱血漢は「クラブの発展と成長のために全力で戦う」。昇格の鍵に「本気のまとまり」と「連勝」を挙げる。茨城県出身。茨城大出。
GKコーチ 吉田 宗弘 GKコーチ 吉田 宗弘(44)
今季就任した。現役時代は2005年にJ1C大阪でベストイレブンに輝いた。「ぶれずに継続して取り組んでいく」。大阪府出身。慶大出。
コーチ 若宮 直道 コーチ 若宮 直道(35)
選手たちから「若さん」と呼ばれ、親身な指導で成長をサポートする。岡山市出身で、「岡山魂を前面に出して闘う」。筑波大大学院出。
アシスタントコーチ 徐 基容 アシスタントコーチ 徐 基容(41)
指導では「ポジティブな声掛け」を心掛け「思いやり」を大事にする。今季4人いる韓国人選手の通訳も務める。東京都出身。明治学院大出。

ページトップへ