山陽新聞デジタル|さんデジ

ファジアーノ岡山

木山隆之新監督の下、悲願のJ1昇格を目指す選手、指導陣の横顔を紹介する。【数字】は背番号、★は新加入選手。(2022年8月17日更新)
【2】DF広木 雄磨(ひろき・ゆうま=29) 在籍4年目のサイドバックは「けがなく1試合でも多く勝利に貢献する」。いま、テニスにはまっている。東京都出身。東学大出。168センチ、68キロ。
【3】DF阿部 海大(あべ・かいと=22) 背番号33から今季、1桁番号に変更した。ライバルは「自分自身」。岡山の好きな場所はイオンモール岡山。大分県出身。東福岡高出。183センチ、75キロ。
【4】DF浜田 水輝(はまだ・みずき=31) 抜群のリーダーシップを誇る。大切にしている言葉は「花よりも花を咲かせる土になれ」。米国出身。和光国際高(浦和ユース)出。186センチ、83キロ。
★【5】DF柳 育崇(やなぎ・やすたか=27) 「昇格と2桁得点」を目標に掲げる。サポーターへ「ヤナと呼んでください!」。趣味はゴルフとキャンプ。千葉県出身。専大出。188センチ、86キロ。
【6】MF喜山 康平(きやま・こうへい=33) 在籍通算10年目。「昇格にふさわしいチームをつくる」。趣味は苔(こけ)テラリウム。東京都出身。百合丘高(東京Vユース)出。179センチ、75キロ。
★【7】FWチアゴアウベス(29) 19歳以下ブラジル代表歴を持つレフティーは「たくさんゴールを決め、昇格する」。私生活では「PUBG」というゲームに熱中している。181センチ、72キロ。
★【8】MFステファン・ムーク(26) 母国オーストラリアでU-23(23歳以下)など各年代別の代表歴がある実力者。「多くのゲームに出てJ1に昇格するのが目標」。174センチ、69キロ。
★【9】FWハン・イグォン(27) 鋭いドリブルからの強烈なシュートが得意のパターン。過去には欧州クラブが獲得に乗り出した。23歳以下韓国代表に選ばれた経歴を持つ。180センチ、72キロ。
【10】MF宮崎 幾笑(みやざき・きわら=24) 入団2年目のアタッカーは昨季1得点に終わり「目に見える形でチームに貢献する」。群馬県出身。開志学園高(新潟U-18)出。176センチ、65キロ。
【11】MF宮崎 智彦(みやざき・ともひこ=35) 昨季途中に加入したチーム最年長は「継続は力なり」がモットー。岡山の好きな場所は鷲羽山展望台。東京都出身。流通経大出。170センチ、68キロ。
【13】GK金山 隼樹(かなやま・じゅんき=33) 今季の主将。在籍5年目で「全員の力を一つにして昇格しましょう!!」。好きな言葉は「一日一生」。島根県出身。立命大出。187センチ、80キロ。
★【14】MF田中 雄大(たなか・ゆうだい=22) 早大から加入のルーキー。高い技術を備え「試合に関わり続ける」。オフの日は「ヨガをして過ごしている」。神奈川県出身。162センチ、63キロ。
【15】FWミッチェル・デューク(31) ファジアーノの絶対的エース。オーストラリア代表の主力を務める。加入2年目の今季はJ1昇格に向け、得点量産が期待される。186センチ、84キロ。
【16】DF河野 諒祐(かわの・りょうすけ=27) 入団1年目の昨季、全42戦に出た右サイドバック。今季は「アシストしまくる」。神奈川県出身。秦野曽屋高(湘南ユース)出。176センチ、70キロ。
【17】MF関戸 健二(せきど・けんじ=32) 入団11年目のクラブ生え抜き選手は、豊富な運動量が持ち味。「チームの勝利のために走ります」。神奈川県出身。流通経大出。175センチ、68キロ。
【18】FW斉藤 和樹(さいとう・かずき=33) 昨季は相次ぐ脚の負傷に苦しみ「今季は肉離れしない」。力強いドリブル突破はチームの大きな武器となる。静岡県出身。中京大出。178センチ、73キロ。
【19】MF木村 太哉(きむら・たかや=23) 昨季はルーキーながら全42試合出場のドリブラー。先発定着を狙い、同期入団のライバル疋田と競い合う。東京都出身。甲南大出。175センチ、70キロ。
★【22】MF佐野 航大(さの・こうだい=18) 津山市出身のルーキー。昨夏のインターハイでは、米子北高を準優勝に導いた。高い技術と豊富な運動量を誇り、開幕先発を目指す。176センチ、68キロ。
★【23】DFヨルディ・バイス(33) 京都をJ1昇格に導いたオランダ出身センターバック。186センチ、86キロの屈強な体で20試合無失点、6ゴールを狙う。「絶対に諦めないメンタリティーに注目して」
★【24】DF成瀬 竣平(なるせ・しゅんぺい=21) 4月、J1名古屋から育成型期限付き移籍。U-15、U-17、U-21の日本代表を経験している。愛知県出身。166センチ、66キロ。
【25】MF野口 竜彦(のぐち・たつひこ=24) 中大出の3年目。昨季はJFL青森で武者修行し、たくましさを増した。高精度の左足キックを武器に主力組を狙う。大阪府出身。175センチ、72キロ。
★【26】DF本山 遥(もとやま・はるか=22) 関学大から新加入。対人守備に絶対的な自信を持つ。全試合先発を目標に掲げ「熱い気持ちで一生懸命、頑張ります」。長崎県出身。171センチ、71キロ。
★【27】MF河井 陽介(かわい・ようすけ=32) J1清水で実績十分の技巧派司令塔。「周りを生かしながら、自分も生きるプレー」でチームを勝利に導く。静岡県出身。慶大出。166センチ、60キロ。
【28】MF疋田 優人(ひきだ・ゆうと=23) 的確なポジショニングで攻守に貢献するボランチ。「多くの人が28番を応援したくなるよう頑張ります」。山口県出身。大体大出。175センチ、68キロ。
★【31】GK谷口 璃成(たにぐち・りっせい=18) 194センチ、80キロの恵まれた体格のGK。明秀学園日立高から入団したルーキーが参考にするのは、イタリア代表GKのドンナルンマ。香川県出身。
★【34】MF輪笠祐士(わかさ・ゆうじ=26) 8月、J2秋田から完全移籍した。「ファジアーノのため全身全霊を尽くして戦う」。東京都出身。170センチ、69キロ。
★【35】GK堀田 大暉(ほった・だいき=27) J1湘南から3月末、期限付き移籍した。「J1昇格を達成するため、日々の練習からひたむきに取り組みたい」。宮城県出身。183センチ、78キロ。
★【38】FW永井 龍(ながい・りょう=31) 7月にJ1広島から期限付き移籍した。「チームのために走り、チームのためにゴールを決める」。兵庫県出身。180センチ。72キロ
★【39】FW白井 陽斗(しらい・はると=22) スピードあふれる点取り屋。ライバルに古巣のJ1G大阪のエース宇佐美を挙げる。大阪府出身。追手門学院高(G大阪ユース)出。172センチ、63キロ。
【41】DF徳元 悠平(とくもと・しゅうへい=26) 昨季は主に左MFで39戦出場し攻守に奮闘。サイドバックに戻る今季は3得点、10アシストが目標。沖縄県出身。城西国際大出。171センチ、73キロ。
★【44】MF仙波 大志(せんば・たいし=22) 7月にJ1広島から期限付き移籍した。「アシストなどゴールに絡むプレーでJ1昇格に貢献したい」。広島県出身。164センチ、61キロ。

監督 木山 隆之(きやま・たかし=49) 今季就任。Jリーグで過去5チームを率い、400試合を超える指揮経験を持つ。「目標はJ1昇格のみ」。趣味は釣り。兵庫県出身。筑波大大学院出。
コーチ 小坂 雄樹(こさか・ゆうき=44) 新任で過去はJ1横浜Mや浦和などでコーチ担当。指導で大事にしていることは「選手のイメージを大切にする」。福島県出身。筑波大大学院出。
コーチ 梁 圭史(りゃん・きゅさ=43) 中国リーグ時代のファジアーノでFWとして活躍した。J1昇格へ「クラブに関わる全ての人が一丸になることが大切」。広島朝鮮高出。倉敷市出身。
GKコーチ 吉岡 宏(よしおか・ひろし=42) ハードかつ、選手に合わせた柔軟な練習でGK陣を鍛える。新任コーチは「昇格をつかみ喜びを分かち合いましょう」。福岡県出身。筑波大出。
コーチ 嶋 将平(しま・しょうへい=37) 「スタッフも含めて全員がハードワークして戦う」。加入2年目。「ロジックとパッション」を指導で大切にしている。奈良県出身。鹿屋体大出。
フィジカルコーチ 奥村 拓真(おくむら・たくま=27) 選手のコンディション調整を担い、「どんなときでも前を向き、全力を尽くす」。恩師は前任の矢野由治氏。帝京大出。鳥取県出身。
アシスタントコーチ 徐 基容(そ・ぎよん=44) 2018~20年以来のアシスタントコーチ復帰。選手に寄り添う指導を心掛ける。昇格に必要なのは「団結」。東京都出身。明治学院大出。

ページトップへ