山陽新聞デジタル|さんデジ

コラム

  • 歯並びの矯正
    歯並びの矯正
    (歯科/飛田晴康 先生)
     「虫歯や歯周病を防ぎ、一生自分の歯で食べたい」「歯を見せて、思いっきり笑いたい」。こうした願いをかなえるためには、美しく整った歯並びが大切です。歯並びの...⇒続きを見る
  • インプラント治療の昔と今
    インプラント治療の昔と今
    (歯科/飛田晴康 先生)
     歯科医療の中で「インプラント治療」が認知されるようになり、徐々にスタンダードになってきました。その理由の一つが機材や機器の進歩によって確実で長持ちするよ...⇒続きを見る
  • 肛門から出血、便にも血が混じる
    肛門から出血、便にも血が混じる
    (胃腸肛門外科/河合知則 先生)
     肛門からの出血にもいろいろタイプがあります。出血の仕方や色によって、どこから出血したか、おおよそ分かる場合があります。 過去1回だけの出血でも ...⇒続きを見る
  • 不妊治療 特に顕微授精について
    不妊治療 特に顕微授精について
    (産婦人科/名越一介 先生)
     1978年に英国で世界初の体外受精による赤ちゃんが誕生して以来、不妊治療は一変し、今ではわが国だけでも年間延べ25万回以上の採卵(卵子の採取)がなされ、...⇒続きを見る
  • 長引く咳
    長引く咳
    (耳鼻咽喉科/川上晋一郎 先生)
     咳(せき)は気道内の分泌物や異物を排出して自分を守る防御反射です。受動喫煙のほか、花粉や黄砂、微小粒子状物質「PM2.5」などを吸い込むと咳で排出してい...⇒続きを見る
  • 妊娠と梅毒
    妊娠と梅毒
    (産婦人科/高知利勝 先生)
     梅毒は性的接触によってうつる感染症で、2001年以降先進国で増加傾向にあります。日本でも2010年以降、顕著に増加しています。梅毒はトレポネーマという病...⇒続きを見る
  • 歯内療法(歯の根の治療)
    歯内療法(歯の根の治療)
    (歯科/木庭茂治 先生)
     歯内療法には、神経が炎症(歯髄炎)を起こし神経を取る治療(抜髄)と、感染した神経組織(感染根管)を治す治療(感染根管治療)とに大きく分かれます。 ...⇒続きを見る
  • 痒(かゆ)みのメカニズム
    痒(かゆ)みのメカニズム
    (皮膚科/神崎寛子 先生)
     冬になって皮膚がカサカサして痒いと思うことが多くなりました。痒みとは「掻(か)きたい衝動を引き起こす不快な皮膚感覚」と定義されています。掻破(そうは)行...⇒続きを見る
  • インフルエンザにご用心! 睡眠と食事で免疫力高めよう
    インフルエンザにご用心! 睡眠と食事で免疫力高めよう
    (耳鼻咽喉科/川上晋一郎 先生)
     寒さが厳しくなる季節。年末年始の疲れも残り、インフルエンザが気になる時期になりました。「予防接種を受けているから大丈夫」と過信してはいませんか。例年1〜...⇒続きを見る
  • デジタル技術で進化した矯正とインプラント治療
    デジタル技術で進化した矯正とインプラント治療
    (歯科/飛田晴康 先生)
     ここ数年、歯科治療もデジタル技術によって急速に進化しています。その中でも大きく変化したのが、マウスピースを使用して歯を動かすインビザライン矯正です。マウ...⇒続きを見る
ページトップへ