山陽新聞デジタル|さんデジ

名越一介 先生

妊娠できない。受けるべき治療は?

Q:結婚2年目です。なかなか妊娠せず産婦人科で指導を受けてタイミング法を4カ月試して...
この記事は会員限定です。
電子版にご利用登録後、ログインして全文をご覧頂けます。

(2019年08月01日 14時57分 更新)

先生紹介

  • 名越一介 先生

    名越産婦人科 院長

    岡山市北区庭瀬231-2

    086-293-0553

    名越産婦人科院長。医学博士。日本生殖医学会専門医。山口大学医学部卒、岡山大学医学部大学院修了。岡山大学付属病院、広島市民病院、府中総合病院、岡山二人クリニックなど勤務を経て2003年より現職。

【名越一介 先生】の最新記事

  • 不妊治療 特に顕微授精について
    不妊治療 特に顕微授精について
     1978年に英国で世界初の体外受精による赤ちゃんが誕生して以来、不妊治療は一変し、今ではわが国だけでも年間延べ25万回以上の採卵(卵子の採取)がなされ、5万人以上の赤ちゃんが生まれるまでになっ...⇒続きを見る
ページトップへ