山陽新聞デジタル|さんデジ

神崎寛子 先生

幼い孫が蚊に刺され患部が激しく腫れた

Q:1歳半の孫のことです。蚊に刺されただけと思うのですが、刺されたところがパンパンに...
この記事は会員限定です。
電子版にご利用登録後、ログインして全文をご覧頂けます。

(2019年07月25日 12時51分 更新)

先生紹介

  • 神崎寛子 先生

    神崎皮膚科

    岡山市北区平和町5-1後楽ホテルビル3F

    086-223-6979

    神崎皮膚科院長。医学博士、皮膚科専門医。川崎医科大学卒業、岡山大学医学部附属病院助手、岡山大学医学部非常勤講師、平成11年開業、現在に至る。日本皮膚科学会、日本アレルギー学会、日本化学療法学会会員、専門:皮膚感染症、皮膚アレルギー。

【神崎寛子 先生】の最新記事

  • 痒(かゆ)みのメカニズム
    痒(かゆ)みのメカニズム
     冬になって皮膚がカサカサして痒いと思うことが多くなりました。痒みとは「掻(か)きたい衝動を引き起こす不快な皮膚感覚」と定義されています。掻破(そうは)行動(引っ掻くこと)は痒みという危険信号を...⇒続きを見る
ページトップへ