山陽新聞デジタル|さんデジ

河合知則 先生

肛門から出血、便にも血が混じる

 肛門からの出血にもいろいろタイプがあります。出血の仕方や色によって、どこから出血したか、おおよそ分...
この記事は会員限定です。
電子版にご利用登録後、ログインして全文をご覧頂けます。

(2019年07月25日 12時49分 更新)

先生紹介

  • 河合知則 先生

    新倉敷胃腸肛門外科

    倉敷市玉島1719

    086-525-5001

    新倉敷胃腸肛門外科 院長 医学博士。ケアハウスあいの泉 理事長。有料老人ホームあいの泉 理事長。1968年東京医科大学卒業。岡山大学医学部大学院修了。岡山大学第一外科、尾道市立市民病院など経て85年開業。日本大腸肛門病学会専門医、日本外科学会専門医・指導医、日本東洋医学会専門医・指導医。

【河合知則 先生】の最新記事

  • 肛門から出血、便にも血が混じる
    肛門から出血、便にも血が混じる
     肛門からの出血にもいろいろタイプがあります。出血の仕方や色によって、どこから出血したか、おおよそ分かる場合があります。 過去1回だけの出血でも 大腸がんの可能性あり ❶痛み...⇒続きを見る
ページトップへ