山陽新聞デジタル|さんデジ

飛田晴康 先生

歯並びが悪いがインビザライン矯正は可能?

インビザライン矯正前(写真上)と矯正後(同下)
インビザライン矯正前(写真上)と矯正後(同下)
Q:歯並びが悪くかなり凸凹しているのですがインビザライン矯正は可能でしょうか。

A:インビザライン矯正は進化。治療後の歯並びも確認可能

 インビザライン矯正(マウスピース矯正)は年々進化し、現在では従来の矯正治療と同等の治療が可能になりました。また、世界中で600万人が治療を受けられ、多くの矯正専門医がインビザライン矯正を導入されていることからも従来と同様の矯正治療が可能であることが理解できると思います。

 インビザライン矯正の特徴は治療前に歯の動かし方、歯を抜くかどうか、IPR(歯と歯の間を削ること)などの治療計画とともに治療後の歯並びを確認することができます。そのため、矯正治療前に治療内容と治療後の歯並びを確認されてから判断されることも可能です。ただし、そのためには検査費用が必要ですので担当医に確認されることが必要です。

 マウスピース矯正を希望される方が多くなったのは、このような特徴に加えて治療中の痛みが少なく食事制限がないことも大きいようです。

(2019年07月11日 10時55分 更新)

先生紹介

  • 飛田晴康 先生

    飛田歯科医院

    岡山市北区広瀬町11-19

    086-222-3194

    飛田歯科医院院長。1985年大阪歯科大学卒業。東京都港区、京都府園部町、神戸市東灘区の歯科医院勤務を経て、2005年より現職。

【飛田晴康 先生】の最新記事

  • 歯並びの矯正
    歯並びの矯正
     「虫歯や歯周病を防ぎ、一生自分の歯で食べたい」「歯を見せて、思いっきり笑いたい」。こうした願いをかなえるためには、美しく整った歯並びが大切です。歯並びの矯正治療は、従来のワイヤを用いる方法から...⇒続きを見る
  • インプラント治療の昔と今
    インプラント治療の昔と今
     歯科医療の中で「インプラント治療」が認知されるようになり、徐々にスタンダードになってきました。その理由の一つが機材や機器の進歩によって確実で長持ちするようになったことが挙げられます。 ...⇒続きを見る
  • 歯並びが悪いがインビザライン矯正は可能?
    歯並びが悪いがインビザライン矯正は可能?
    Q:歯並びが悪くかなり凸凹しているのですがインビザライン矯正は可能でしょうか。 A:インビザライン矯正は進化。治療後の歯並びも確認可能  インビザライン矯正(マウスピース矯正...⇒続きを見る
  • デジタル技術で進化した矯正とインプラント治療
    デジタル技術で進化した矯正とインプラント治療
     ここ数年、歯科治療もデジタル技術によって急速に進化しています。その中でも大きく変化したのが、マウスピースを使用して歯を動かすインビザライン矯正です。マウスピースを作製する方法は、全ての歯を精密...⇒続きを見る
ページトップへ