山陽新聞デジタル|さんデジ

名越一介 先生

排卵検査薬を使うタイミングは?

Q:排卵検査薬はいつ使ったら良いのですか。(33歳会社員)
...
この記事は会員限定です。
電子版にご利用登録後、ログインして全文をご覧頂けます。

(2018年05月11日 06時27分 更新)

先生紹介

  • 名越一介 先生

    名越産婦人科 院長

    岡山市北区庭瀬231-2

    086-293-0553

    名越産婦人科院長。医学博士。日本生殖医学会専門医。山口大学医学部卒、岡山大学医学部大学院修了。岡山大学付属病院、広島市民病院、府中総合病院、岡山二人クリニックなど勤務を経て2003年より現職。

【名越一介 先生】の最新記事

  • 風疹(三日ばしか)とは
    風疹(三日ばしか)とは
     今年は風疹の流行が指摘されています。風疹とは風疹ウイルスによる感染症で、全身の発疹、発熱、後頭部のリンパ節腫脹(しゅちょう=はれること)などが3日程度続く病気です。 20週未満の妊婦が...⇒続きを見る
  • 原因不明不妊
    原因不明不妊
     「不妊症の検査を受けたが原因がはっきりしなかった」というカップルが意外と多いのはなぜでしょうか。不妊症が疑われる場合、まず次のような基本的検査で状態を調べます。 ●基礎体温 …排卵のタ...⇒続きを見る
  • ブライダルチェック
    ブライダルチェック
     結婚前あるいは結婚の予定がなくても性交渉がある方は、パートナーや赤ちゃんに病気をうつしたり自分の健康を害したりしないために、年に1回は次のような検査を受けることをお勧めします。 【子宮...⇒続きを見る
  • 不妊の原因を調べよう
    不妊の原因を調べよう
     晩婚化などを背景に、現代は不妊に悩むカップルが増えています。不妊の原因が明らかになるカップルのうち3分の1は女性側、3分の1は男性側、3分の1は男性女性両方に不妊原因があるとされています。でき...⇒続きを見る
  • 男性不妊
    男性不妊
     不妊カップルの30~40%は男性側に次のような問題があります。 ①性交や射精の異常  ED(勃起障害)や射精障害など。糖尿病に起因するケースもありますが、多くは精神的なものとさ...⇒続きを見る
ページトップへ