山陽新聞デジタル|さんデジ

美作学童軟式野球 組み合わせ決定 県大会懸け11チーム出場

美作学童軟式野球 組み合わせ決定 県大会懸け11チーム出場
 第8回山陽新聞社杯・美作連盟会長杯学童軟式野球大会(美作地区少年野球連盟主催、山陽新聞社、山陽新聞美作地区販売店会共催)の組み合わせ=別表=が決まった。美作、津山市、奈義、勝央、美咲町の5市町から昨年と同じ11チームが出場。県大会出場を懸け、5日からトーナメントで熱戦を展開する。

 新型コロナウイルス感染予防のため、3月上旬の約2週間は練習、他チームとの練習試合とも控えた。全選手が集まる大会の総合開会式も取りやめる。

 初日は美作野球場(美作市中山)で1回戦2試合、勝央緑地運動公園(勝央町太平台)で1回戦1試合と2回戦1試合を行う。大会2日目の11日は残る2回戦3試合を行い、ベスト4が出そろう。準決勝は翌12日、決勝は25日、いずれも美作野球場で開催。敗者復活戦を並行して行う。

 優勝チームは6月に玉野市で開かれる高円宮賜杯全日本学童軟式野球大会の県大会に出場する。準優勝は同じく6月に岡山市である県スポーツ少年団の交流大会、敗者復活チームは5月に倉敷市で開かれる別の県大会に参加する。

(2020年04月01日 19時44分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ