山陽新聞デジタル|さんデジ

長野そり施設、覚書締結 「札幌五輪」で利用可能に

 1998年長野冬季五輪のそり競技施設「スパイラル」(長野市提供)
 1998年長野冬季五輪のそり競技施設「スパイラル」(長野市提供)
 長野市は1日、2030年冬季五輪が札幌市で開催される場合、1998年長野冬季五輪で使われたそり競技施設「スパイラル」の使用を許可するとの覚書を、札幌市と締結したと発表した。3月31日付。

 覚書の内容は、使用するのは大会組織委員会から申請がされる期間で、長野市は整備や稼働にかかる費用は原則負担しない。使用料については今後協議して詰める。

 スパイラルは長野冬季五輪でボブスレーやリュージュの会場となった。高額の維持管理費がネックとなり現在はコースに氷を張っておらず、正式競技には使用できない状態。札幌市はコスト削減のため、活用を要請していた。

(2020年04月01日 18時34分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ