山陽新聞デジタル|さんデジ

玉野の京産大卒男性 家族3人陰性 フットサル大会出場者ら観察継続

岡山県庁
岡山県庁
 岡山県は1日、新型コロナウイルスの感染が判明した玉野市在住の20代男性の濃厚接触者とされる同居の家族3人について、いずれもPCR検査で陰性だったと発表した。男性はクラスター(感染者集団)が発生した京都産業大(京都市)を卒業し、帰郷後に感染が確認されていた。

 県は他にも、男性が京都から戻った後に参加したフットサル大会の出場者約30人と、一緒に外出した県外在住の友人1人について健康観察を続けているが、いずれも発熱などの症状はないという。県内の指定医療機関に入院している男性本人も症状は出ていない。

 男性は3月22日に京都市内で同大サークルの懇親会に参加し、欧州旅行から帰国後に感染が確認された複数の同大生と同席。30日に岡山県内4例目の陽性と判明した。

(2020年04月01日 11時34分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ