山陽新聞デジタル|さんデジ

101歳女性感染者が回復 オランダ、「希望の輝き」

 【ブリュッセル共同】オランダからの3月31日の報道によると、南部ロッテルダム郊外の病院に入院中の新型コロナウイルスに感染した101歳の同国女性が回復し、退院可能になった。新型コロナに感染した高齢者は重症化しやすく助からないケースが多いだけに、病院は「希望の輝きだ」と喜んでいる。

 女性は1週間半前に呼吸が困難になり入院。同ウイルス検査で陽性と判明し、隔離され治療を受けていた。人口約1700万人のオランダでは既に千人以上の感染者が死亡している。

 イタリアでは3月下旬、103歳の女性や101歳の男性が新型コロナに感染後、回復した例がある。

(2020年04月01日 06時06分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ