山陽新聞デジタル|さんデジ

天皇訪韓、初外遊でと89年打診 竹下内閣の退陣で実現せず

 第4回日韓外相定期協議を前に、韓国の崔浩中外相(左)と握手する宇野宗佑外相=1989年4月、外務省
 第4回日韓外相定期協議を前に、韓国の崔浩中外相(左)と握手する宇野宗佑外相=1989年4月、外務省
 【ソウル共同】上皇さまが天皇に即位された直後の1989年4月初旬、宇野宗佑外相(当時、以下同)が、同年5月下旬に予定された韓国の盧泰愚大統領の訪日計画を協議するため来日した崔浩中外相に「天皇陛下の最初の海外訪問として訪韓を実現する方向で調整したい」と伝えていたことが、韓国外務省が31日に公開した同国外交文書で判明した。

 上皇さまの訪韓は皇太子時代を含め複数回検討されたことが知られているが、天皇即位直後にも日本側が進めようとしていたことが初めて分かった。

 竹下登首相がリクルート事件で退陣を表明したため盧大統領の訪日は延期され、こうした構想は実現しなかった。

(2020年03月31日 12時22分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ