山陽新聞デジタル|さんデジ

雇用「改善」の言葉消える 求人倍率2カ月連続減、厚労省

 マスク姿で通勤する大勢の人たち=31日午前、東京都中央区
 マスク姿で通勤する大勢の人たち=31日午前、東京都中央区
 厚生労働省が31日発表した2月の雇用情勢判断で、2013年5月分以来、6年9カ月ぶりに「改善」の言葉がなくなった。新型コロナウイルスの影響を考慮した。厚労省が同日発表した2月の有効求人倍率(季節調整値)は1・45倍で、1・49倍だった前月から0・04ポイント低下し、2カ月連続の減少となった。1・45倍まで落ち込んだのは2年11カ月ぶり。新型コロナウイルスの影響に関し厚労省は「観光関連業などで解雇や休業といった動きがある」とする一方、「全体の水準に影響を及ぼすまでにはなっていない」と説明した。

 米中貿易摩擦の影響もあり、製造業などは低下傾向が続いている。

(2020年03月31日 12時30分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ