山陽新聞デジタル|さんデジ

オーストリア、マスク着用義務化 スーパーで、店舗外にも拡大へ

 30日、オーストリア・ウィーンで、スーパーを出るマスク姿の女性(AP=共同)
 30日、オーストリア・ウィーンで、スーパーを出るマスク姿の女性(AP=共同)
 【ウィーン、ジュネーブ共同】オーストリアのクルツ首相は30日、新型コロナウイルス感染拡大防止策として、4月1日からスーパー内でのマスク着用を義務とすると発表した。全土での外出制限にもかかわらず、感染が抑え込めていないため。マスクは店頭に準備し、店舗外にも着用範囲を拡大していく方針。

 クルツ氏は記者会見で、マスク着用は命を救うために必要だとして国民に協力を求めた。

 一方、世界保健機関(WHO)は感染予防にはマスク着用よりも、せっけんを使った手洗いの励行や、他人との距離を取ること、部屋の換気などが効果的としている。

(2020年03月31日 08時47分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ