山陽新聞デジタル|さんデジ

自粛の週末、JR東の駅利用激減 東京と上野18%、新宿24%

 外出自粛要請の影響で、人通りの少ない東京・新宿駅南口=28日
 外出自粛要請の影響で、人通りの少ない東京・新宿駅南口=28日
 JR東日本は30日、新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ、外出自粛要請が出た週末の28日、東京駅の利用者が前年比で18%だったと明らかにした。上野駅も18%、新宿駅は24%で、いずれも激減した。

 東北や上越などの各新幹線と在来線特急の主要線区は28、29日で前年に比べ3割にとどまり、東京・山手線も同様に3割だった。東京メトロも大きく減らし、全路線の利用者は前年比で28日が3割、29日は2割だった。29日は関東で雪になったことも影響したとみられる。

 JR東によると、新幹線の路線ごとでは北海道・東北、上越、北陸、山形がいずれも30%で秋田が35%だった。

(2020年03月30日 16時56分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ