山陽新聞デジタル|さんデジ

宮城県名取市が「復興達成」宣言 インフラ整備が完了

 復興達成宣言を読み上げる宮城県名取市の山田司郎市長=30日午前、名取市役所
 復興達成宣言を読み上げる宮城県名取市の山田司郎市長=30日午前、名取市役所
 東日本大震災で関連死を含め965人が犠牲になった宮城県名取市の山田司郎市長は30日、大きな被害を受けた沿岸部で災害公営住宅の建設や、公共施設の復旧などインフラ整備がおおむね完了したとして、復興達成を宣言した。被災者の心のケアやコミュニティー形成などの課題に今後も取り組む。

 市によると、震災からの復興宣言は県内で初めてとみられる。

 市役所で、山田市長が支援に対する感謝を述べた後、「これを一つの節目として、次のステージに進んでいきたい。引き続き、被災者の心のケアや防災・減災施策などに取り組んでいく」と宣言を読み上げた。

(2020年03月30日 11時32分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ