山陽新聞デジタル|さんデジ

広島市の40代女性コロナ感染 県内4人目、海外渡航歴なし

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)
新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)
 広島市は26日、市内に住む40代の自営業女性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。市内の指定医療機関に入院しており、せきなどはあるが、症状は安定。発症前14日以内に海外渡航歴はない。濃厚接触者などの特定のため市が詳しい行動歴を調査している。広島県内での感染者は4人目。

 女性は19日未明に39度の発熱があったが、朝には解熱。その後も断続的に発熱し、24~25日に市内の医療機関2カ所を受診した。2カ所目で肺炎症状が見つかり、PCR検査を行ったところ陽性が確認された。

 市によると、女性は1人暮らしで、発症後はマスクを着用。22、23日には市外の屋外スポーツ施設2カ所を訪れている。仕事では不特定多数と接触することがないという。

(2020年03月26日 14時19分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ