山陽新聞デジタル|さんデジ

阪神・藤浪投手が新型コロナ感染 プロ野球選手で初、嗅覚異常訴え

 阪神の藤浪晋太郎投手
 阪神の藤浪晋太郎投手
 プロ野球阪神の藤浪晋太郎投手(25)が新型コロナウイルス感染を調べるPCR検査で陽性反応が出たことが26日、関係者の話で分かった。日本野球機構(NPB)の球団に所属する選手の感染は初めて。阪神は4月1日までチームの練習を取りやめ、選手やスタッフに自宅待機を指示している。

 球団によると藤浪投手は発熱やせきなどの症状はないが数日前からトレーナーに「においを感じない」と嗅覚の異常を訴えていた。兵庫県内の病院で24、25日に診察を受け、医師の判断でPCR検査の受診が決まった。26日は兵庫県西宮市の鳴尾浜球場で予定していたソフトバンクとの2軍練習試合を中止した。

(2020年03月27日 00時14分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ