山陽新聞デジタル|さんデジ

(4)東映動画入り リアル表現 同志と追求

若き日の(右から)高畑監督、宮崎さん、小田部さん。高畑監督はソファーに寝そべって話すのが好きだったという=1971年
若き日の(右から)高畑監督、宮崎さん、小田部さん。高畑監督はソファーに寝そべって話すのが好きだったという=1971年
映画「太陽の王子 ホルスの大冒険」宮崎駿によるイメージボード(C)東映
映画「太陽の王子 ホルスの大冒険」宮崎駿によるイメージボード(C)東映
ホルスの世界観を共有しようと高畑監督が作ったテンション・チャート。物語の推移に伴い盛り上がりがどう変化していくかが図示された
ホルスの世界観を共有しようと高畑監督が作ったテンション・チャート。物語の推移に伴い盛り上がりがどう変化していくかが図示された
 東京大仏文科を卒業した高畑勲監督(1935~2018年)は1959年、東映動画(現東映アニメーション)に入社し、アニメーション監督への一歩を踏み出す。

 同社は映画製作大手の東映が「東洋のディズニー」を目指して56年に設立。連続テレビ小説「なつぞら」の舞台のモデルになったことでも知られる。社内には、設立時から作画を担いアニメーションの神様とも称された故・森康二さん、入社1期生の先輩大塚康生さん、4期下の後輩に宮崎駿さん―。後に日本のアニメシーンを主導するそうそうたるメンバーが集ったが、高畑監督はその中でも一目置かれる存在だったという。

 入社後間もなく、長編映画の「安寿と厨子王丸」(61年)や日本神話を題材にした「わんぱく王子の大蛇退治」(63年)で演出助手を務め、同社初のテレビシリーズ「狼少年ケン」(63~65年)では計12話の演出を任された。普段は敵役のゴリラ側に視点を逆転し、力を合わせて主人公ケンに挑むエピソードを考えつくなど「面白いものを作るとうわさになっていた」と、同期入社の名アニメーター小田部羊一さん(83)=埼玉県所沢市。

 そうした演出が認められ、さらに社内の組合運動でもリーダー的な存在だったこともあり、若くして頭角を現していった。

思いを結集 

 そして65年、30歳を目前に初の長編監督作品となる「太陽の王子 ホルスの大冒険」に着手する。アイヌ叙事詩を基にした人形劇が原作で、少年ホルスと村人たちが力を合わせて村を滅ぼす悪魔と戦う物語だ。

 製作に当たって心掛けたのは、スタッフ全員の作品参加。脚本内容をキャリアや職域を超えて対等に話し合い、キャラクターや場面イメージのアイデアも広く募った。意見をぶつけ合い、出来上がった絵は壁に次々に張り出して、皆でイメージを膨らませた。製作現場は連日熱気に包まれていた。

 「この演技は何から生まれているのか。動き一つの意味、物一つの手触りまで、もう一度立ち止まって考えよう」。リアルな表現を追求する高畑監督の呼び掛けに大塚、小田部、宮崎さんらも斬新なアイデアを次々と打ち出した。一人一人の思いを結集させた現場を、高畑監督も「ホルスのテーマは『結束』『団結』以外に考えられなかった」と回顧している。

 ただスタッフ全員の意図をくみ上げる手法は手間暇がかかった。製作の遅れに対する会社側の圧力はすさまじく、「業を煮やし『中止しろ』とまで追い込まれた。だが高畑さんもわれわれもより良い作品をと、精いっぱい戦った」と小田部さんは振り返る。

微妙な心理まで 

 約3年の歳月をかけ、ホルスはついに完成する。ただ興行的には振るわなかった。アニメに分かりやすさが求められた時代。登場人物の微妙な心理まで表現した革新的な内容は、子ども受けしなかったのだ。

 それを象徴したのが、ヒロインのヒルダだった。悪魔の妹だが、人間の優しさに触れて揺れ動く姿を、繊細な表情や心理描写で表現した。「ヒルダの描かれ方には、社会に溶け込めない疎外感や苦悩を繊細な演技で追求しようとする、後の高畑作品に通じる表現が詰まっている」と映像研究家の叶精二さん(54)=横浜市=は指摘する。小田部さんは「子どもが身を乗り出して楽しめる作品ではなかったが、深く考えさせられる内容で、結果的に東映動画の代表作となった」と話す。

 さまざまな困難を乗り越え、従来のアニメの枠を超える傑作を生み出した高畑監督と同志たち。突き動かしたのは「子どもや社会にとって意義のある、より良い作品を作る」という信念。それは後の世界名作シリーズでさらに結実していく。

【作品データ】
 太陽の王子 ホルスの大冒険 1968年公開。シナリオ作家深沢一夫が、人形劇のために書いた「春楡(チキサニ)の上に太陽」をベースに脚本を書き下ろした。作画監督の大塚康生、ヒロインのヒルダを描いた森康二、原画だけでなく場面設計を任された宮崎駿、船出や婚礼のシーンを描いた小田部羊一らそうそうたる面々が参加し、今なお東映動画を代表する映画として名高い。(敬称略)

(2020年03月26日 07時59分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ