山陽新聞デジタル|さんデジ

夏の地方大会、5月判断か 高野連、開催可否の方向性

 日本高野連は25日、8月10日に開幕する予定の第102回全国高校野球選手権大会の地方大会の開催可否について「5月中には何らかの方向性を出さないといけない」との意向を示した。事務局の担当者は新型コロナウイルスの感染が「どうなっているか読めない」とした上で説明した。地方大会は例年、6月20日前後にスタートする。

 延期が決まった東京五輪の開催時期が来年7~8月となった場合、来夏の甲子園大会は「同じようなことをやらないといけない」と指摘。今夏もそうであったように、五輪を避ける日程に設定する見通しという。

(2020年03月26日 09時39分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ