山陽新聞デジタル|さんデジ

卒業式中止の岡大生、晴れ着姿で 式典会場や大学で友と別れ惜しむ

記念撮影する岡山大の卒業生ら=岡山市北区いずみ町
記念撮影する岡山大の卒業生ら=岡山市北区いずみ町
思い出詰まったキャンパスで記念撮影=岡山大津島キャンパス
思い出詰まったキャンパスで記念撮影=岡山大津島キャンパス
中止の卒業式会場周辺でも=岡山市北区いずみ町
中止の卒業式会場周辺でも=岡山市北区いずみ町
卒業式中止の岡大生、晴れ着姿で 式典会場や大学で友と別れ惜しむ
 新型コロナウイルスの影響で卒業式が中止となった岡山大(岡山市北区津島中)の学生有志が25日、同大津島キャンパスや式典会場だったジップアリーナ岡山(同いずみ町)周辺に集まり、晴れ着姿で友人との別れを惜しんだ。

 学生たちによると「仲間と最後の時間を」「大学生活に区切りをつけたい」と、ゼミや部活ごとに連絡を取り合い、本来なら式があったこの日に集合したという。“自前の式”ではスーツやはかまをまとい、あちこちで談笑したり記念撮影したりしていた。

 サークル仲間と参加した法学部の女性(22)は「みんな県外に就職するので離れ離れになる。式がなくて悲しいけれど、最後に良い思い出ができた」と笑顔で話した。

 県内全25大学・短大で卒業式が中止となる中、就実大(同市中区西川原)などでも学生有志が式の予定日に合わせ、同市の後楽園で記念撮影を楽しむ姿が見られた。

(2020年03月25日 18時57分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ