山陽新聞デジタル|さんデジ

美作・湯郷温泉街でおひな祭り 人形ずらり、石段飾りも

温泉街に飾られた華やかなひな人形
温泉街に飾られた華やかなひな人形
約30段の石段を彩る「階段びな」。今後は28、29日にお目見えする
約30段の石段を彩る「階段びな」。今後は28、29日にお目見えする
 美作市の湯郷温泉街で恒例のおひな祭りが開かれ、数々のひな人形が春の陽気に包まれた街並みを華やかに彩っている。訪れた観光客や家族連れらはゆっくりと散策を楽しんでいる。29日まで。

 湯郷温泉女将(おかみ)の会を中心とした実行委が新型コロナウイルス感染防止のため、初日20日の開会イベントと期間中に予定していた屋台の出店を取りやめて開催。家庭で守ってきたり、寄贈されたりした品々を旅館やホテル、道沿いなど約40カ所で披露している。

 豪華な段飾りを集めたスペースや約30段の石段にひな人形を並べた「階段びな」では観光客らが「すごい」「きれい」と感嘆し、スマートフォンで写真撮影。口元をふさいだ人形7体を置いて「コロナウイルス会議」と書いたり、五人ばやしを人気グループ・嵐に見立てたりした展示も置かれている。

 兵庫県佐用町から来た夫妻は「各地でイベントが中止になるなどして気持ちがめいっていましたが、華やかな雰囲気で気が晴れました」と話した。

 階段びなは今後、28、29日限定で展示する。問い合わせは湯郷温泉観光案内所(0868―72―2636)。

(2020年03月21日 19時37分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ