山陽新聞デジタル|さんデジ

高梁ランチマップ第3弾作製 成羽美術館 吹屋ふるさと村を追加

高梁市成羽美術館が作ったランチマップの第3弾
高梁市成羽美術館が作ったランチマップの第3弾
 高梁市成羽美術館(成羽町下原)は市内の飲食、菓子店などをまとめた「ランチマップ」の第3弾を作った。これまでのマップに吹屋ふるさと村(成羽町吹屋)を加えた4エリア計53店の情報を職員手描きのイラスト付きで紹介。地域の回遊性を高め、美術館への観光客誘致につなげる。

 第2弾まで取り上げた同美術館、JR備中高梁駅、落合町阿部地域の3エリア45店舗の情報を更新し、ふるさと村エリアのお薦め8店舗を追加した。エリア別の各店舗の地図と「備中牛の本格御膳(ごぜん)が味わえる」「地酒といえばこちら」といった特色や連絡先などをメモで添えている。

 これまで同様に各店の看板メニューは画家でもある吉尾梨加学芸員が水彩絵の具や色鉛筆、ペンで描き、表紙絵はベンガラ色に染まる吹屋の町並みを用いた。

 マップは店探しに悩む来館者が多かったことから、2017、18年にそれぞれ発行。吉尾学芸員は「成羽美術館のアートとともに地元グルメを楽しんでもらい、高梁を満喫してほしい」と話している。

 A3判四つ折りで同美術館や市役所のほか、市図書館(旭町)に併設の観光案内所などで配布。市ホームページからも入手できる。

(2020年03月16日 18時06分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ