山陽新聞デジタル|さんデジ

6億円のグラウンド工事費を削除 浅口市議会、当初予算修正案可決

 浅口市議会は12日の本会議で、154億9千万円の2020年度一般会計当初予算案から、同市寄島町で計画された人工芝多目的グラウンドの工事費6億円を削除する修正案を賛成多数で可決した。

 工事は、市が寄島運動場に人工芝約1・2ヘクタールを敷き、周辺駐車場の増設なども行う計画。「グラウンドよりも防災や市民の生活を支える施策を進めるべき」として一部議員から6日付で修正案が提出され、12日は議長を除く15人のうち8人が賛成した。

 修正後の一般会計当初予算148億9千万円は前年度当初比0・1%減。栗山康彦市長は「議会の判断を真摯(しんし)に受け止めたい」としている。

(2020年03月12日 20時30分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ