山陽新聞デジタル|さんデジ

ファジ 、J1広島と練習試合 リーグ中断、調整の一環

1本目、ファジアーノ岡山のイ・ヨンジェ(左)がFKを頭で合わせ、ゴールを決める=エディオンスタジアム広島
1本目、ファジアーノ岡山のイ・ヨンジェ(左)がFKを頭で合わせ、ゴールを決める=エディオンスタジアム広島
 新型コロナウイルスの感染拡大に伴いリーグ中断中の調整の一環として、J2のファジアーノ岡山は11日、広島市のエディオンスタジアム広島でJ1広島と練習試合(45分4本)を行い、1―1で引き分けた。

 主力同士で戦った1本目は1―1、2本目は0―0だった。ファジアーノは1本目、GKポープ、左からDFは徳元、田中、浜田、椋原、MFは上門、上田、パウリーニョ、白井、FWは清水、イ・ヨンジェで臨んだ。33分に右サイドをえぐられて先制されたが、42分に上田のFKをイ・ヨンジェが頭で合わせて追い付いた。

 2本目は途中で上田、椋原、イ・ヨンジェが退き、三村、松木、山本が入った。両チームともPKを1回ずつ獲得したが、どちらもGKがストップした。

 J2は開幕戦後、第2~4節が中止となり、18日に再開予定だったが、一転して今月中は開催されない方針となった。4月3日に再開見込みで、ファジアーノの次戦は同5日のアウェー町田戦となる。

▽練習試合

広島 1―1 岡山
1本目1―1
2本目0―0
3本目0―0
4本目0―0

(2020年03月11日 22時56分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ