山陽新聞デジタル|さんデジ

かごに乗って“天空の山城”へ 備中松山城で高梁市職員が実験

かごを使った登城の実証実験に取り組む高梁市職員のプロジェクトチーム
かごを使った登城の実証実験に取り組む高梁市職員のプロジェクトチーム
 標高430メートルにそびえる山城に殿様気分で登れないか―。こんなテーマで高梁市職員のプロジェクトチームが7日、備中松山城(同市内山下)でかごを使った登城の実証実験に取り組んだ。1月下旬に終了した香川県琴平町の金刀比羅宮名物「石段かご」を借り、職員が実際に担いで実現可能性を確かめた。

 “天空の山城”と称される同城の天守へは途中の「ふいご峠」まで車で登れるが、残りは高低差100メートル以上の急な山道を歩く必要がある。市によると、高齢者を中心に登城をあきらめる人が多く、若手を中心とした職員で昨年9月に発足した市交流・連携のまちづくりプロジェクトチーム(11人)が、誰もが城を楽しめる手段として、かごによる送迎を思いついた。

 実験はふいご峠近くの山道から、重さ約20キロのかごに女性メンバーを乗せてスタート。男性10人が交代で担ぎ、段差やコース取りなどを確認しながら、天守までの約400メートルを「えっほ、えっほ」と掛け声を上げて往復した。所要時間は約1時間だった。

 「中は思ったよりも安定感があり、揺れが心地よかった」と、かごに乗った市税務課の女性(33)。リーダーの相原英夫・市産業観光課長補佐(50)は「かごは軽い素材を使って改良することもできるはず。運営など具体的な方法を検討し、城の新たな名物として実現できるよう知恵を絞りたい」と話した。

(2020年03月07日 22時39分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ