山陽新聞デジタル|さんデジ

<再ブレーク盤> 堀江美都子『One Voice』 幅広く愛されるアニソン・スタンダード集

 堀江美都子『One Voice』
 堀江美都子『One Voice』
 デビュー50周年を記念して、自身以外のアニソンをカバーしたアルバム。アニソンといっても、J-POPとして近年ヒットしたものが多く収録され、堀江の変わらぬ美声も相まって、幅広い世代に愛されるスタンダード集という感じがある。

 全10曲、まず武部聡志プロデュースによる上質な演奏に耳を奪われる。躍動感のある『銀河鉄道999』(ゴダイゴ)や、和やかに夜空を巡るような『星間飛行』(ランカ・リー=中島愛)、全編のケーナで哀しみを包んだ『炎のたからもの』(ボビー)など、細部にまで散りばめられた音のスパイスを堪能できる。

 そして、堀江が各曲の方向性や、時にアニメの主人公の感情にも寄り添うように丁寧に歌っている。『オー!リバル』(ポルノグラフィティ)ではラテン系の演奏に合わせて情熱的に歌い上げたり、ギターロックの『sailing day』(BUMP OF CHICKEN)では、飛び跳ねるように歌ったり、一瞬たりともくたびれていない。特に、アコースティックな『ひまわりの約束』(秦基博)は、時に慰めるように繊細に、時に励ますように凛として歌っていて絶品だ。どの楽曲も、彼女自身が主人公の想いをしっかり汲み取っていることをいっそう実感した。

 学生たちとの合唱曲『RPG』(SEKAI NO OWARI)も、LIVE会場の全員で歌いたくなるほど楽しい! 本作は、歳を重ねても丁寧に仕事をする際のお手本になるはず。
(日本コロムビア・3000円+税)=臼井孝

(2020年03月04日 08時08分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ