山陽新聞デジタル|さんデジ

JR西、臨時列車を運休へ 新型コロナ対策 後楽園催しも中止

3月の運行が中止される「ラ・マル・ド・ボァ」
3月の運行が中止される「ラ・マル・ド・ボァ」
 岡山県と岡山市は28日、後楽園と岡山城で29日から規模を縮小して開催予定にしていた「後楽園春のおもてなし」「烏城ひなまつり」を全面中止すると発表した。各会場の雛(ひな)人形展示(29日~3月3日)や後楽園の延養亭特別公開(同1~3日)などに限って行う方針だったが、あらゆる感染リスクを排除するべきだと判断したという。

 JR西日本岡山支社は、土日曜に宇野みなと線岡山―宇野間と山陽線岡山―尾道間で運行している観光列車「ラ・マル・ド・ボァ」について3月1日から15日までの全便を運休する。同9日に計画していた岡山発糸崎行き臨時列車「ラ・マル 独歩館」の運行も中止。車内で地酒を提供する予定だった。

 奈義町高円の那岐山麓山の駅で開かれていた恒例の「おひなまつり」(町など主催)は28日、3月8日までの会期を短縮して終了した。

(2020年02月28日 21時46分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ