山陽新聞デジタル|さんデジ

IOC会長、予定通り実施へ全力 東京五輪中止・延期は明言せず

 IOCのトーマス・バッハ会長
 IOCのトーマス・バッハ会長
 国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長が27日、緊急の電話記者会見に応じ、新型コロナウイルス感染拡大の影響で多方面に混乱が生じている状況を踏まえ、7月24日開幕の東京五輪を予定通り実施するため全力で準備する意向を表明した。IOC会長がこの問題で公式に発言するのは初めて。

 国際スポーツ界で大会の中止や延期が相次ぐ中、IOCの最古参委員、ディック・パウンド氏が連日、開催の判断期限を5月と発言し、1年延期の可能性にも言及した。同会長は中止や延期、代替開催などの可能性について「推測や仮定の話には答えない」と明言しなかった。

(2020年02月27日 22時29分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ