山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山県内在住の下船者は16人 集団感染のクルーズ船 感染未確認

 岡山県は26日、新型コロナウイルスによる肺炎の集団感染があったクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」から下船した県内在住者は16人と明らかにした。いずれも感染は確認されておらず、発熱などの症状も出ていない。

 県によると、16人は船内でのウイルス検査で陰性となり、19~21日に下船。現在は不要不急の外出を控えて自宅で過ごしている。各保健所が発熱やのどの痛みがないかなどを毎日確認しており、下船から14日間は経過観察を続ける方針。

 この日開いた県の対策本部会議で中谷祐貴子保健福祉部長が報告した。中谷部長は16人について「改めてウイルス検査を行う予定はないが、希望者に対しては検査が受けられるよう適切に対応したい」と話した。

 厚生労働省などによると、下船した日本人のうち、25日までに徳島、栃木県で計2人の感染が確認されている。

(2020年02月26日 21時58分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ