山陽新聞デジタル|さんデジ

米国内での新型肺炎流行は不可避 保健当局が警戒

 25日、新型コロナウイルスについて、米保健当局が開いた記者会見=ワシントン(ゲッティ=共同)
 25日、新型コロナウイルスについて、米保健当局が開いた記者会見=ワシントン(ゲッティ=共同)
 【ワシントン共同】米疾病対策センター(CDC)幹部は25日の電話会見で、米国内で肺炎を起こす新型コロナウイルス感染の地域的な流行は「起きるかどうかの問題でなく、いつ起きるかの問題だ」と述べ、発生は避けられないとの警戒感を示した。

 トランプ大統領はこれに先立ち訪問先のインドで「米国では(感染は)制御下にある」とツイッターに投稿していたが、世界各地の流行を踏まえ、米保健当局は危機感を強めているようだ。

 CDC幹部は、現時点では米国内での感染拡大は抑えられていると強調。だが日本のほか韓国やイランなどで急速に進んでいるとして「警戒の度合いを上げた」と説明した。

(2020年02月26日 11時19分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ