山陽新聞デジタル|さんデジ

ドローンに識別番号、国交省 トラブル対応、電波発信も

 長崎県五島市で荷物を運ぶドローン=2019年
 長崎県五島市で荷物を運ぶドローン=2019年
 ドローン識別情報確認のイメージ
 ドローン識別情報確認のイメージ
 国土交通省は、小型無人機ドローンの機体に識別番号を表示し、上空では電波による番号発信を義務付ける。飛行中も所有者を速やかに特定、事故やトラブルに対応しやすくする。今国会に航空法改正案を提出し、2022年度をめどに登録を始められるようにする。

 所有者は名前や住所、型式をインターネットで登録。国が割り振る識別番号を機体にシールなどで表示する。飛行中は地上から見えにくいため、電波でも発信する。事故を繰り返し起こしている機体は登録を拒否し、表示のない機体には改善を命じる仕組み。

 既存の機体は登録やシール貼付を義務付け、一定の重量以上は電波発信も義務化する方向だ。

(2020年02月25日 20時42分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ