山陽新聞デジタル|さんデジ

県弓道連盟70年で記念祝賀会 活躍の選手や指導者たたえる

岡山県弓道連盟の祝賀会で活躍をたたえられる選手や指導者=岡山市
岡山県弓道連盟の祝賀会で活躍をたたえられる選手や指導者=岡山市
 岡山県弓道連盟の創立70周年記念祝賀会が23日、岡山市のホテルであり、会員ら約130人が節目を祝うとともに今後の発展を誓い合った。

 松岡博之会長が「先輩方のご尽力のおかげでこの日を迎えられた。連盟のますますの活性化につなげたい」とあいさつし、出席者は和やかに歓談した。2本の矢を巻きわらに放つ「巻きわら射礼」も披露され、会場は祝賀ムードに包まれた。

 昨年の全国高校総体で男女を通じ県勢初優勝を飾った岡山工高、茨城国体の成年男子遠的で優勝、近的で準優勝に輝いた県選抜チームの選手や指導者ら大舞台で活躍した8人に花束が贈られた。両チームの試合の映像も流され、岡山工高の仲西寿夫監督と県選抜チームの戸取勇監督は「好成績を収められたのは皆さんの応援や協力があってこそ」とお礼を述べた。

 県弓道連盟は1949年に発足し、現在の会員は約2千人。

(2020年02月24日 11時12分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ