山陽新聞デジタル|さんデジ

25日にも新型肺炎基本方針決定 重症者の治療優先、首相が指示

 新型コロナウイルス感染症対策本部会合で発言する安倍首相(手前から3人目)=23日午後、首相官邸
 新型コロナウイルス感染症対策本部会合で発言する安倍首相(手前から3人目)=23日午後、首相官邸
 国内での新型コロナウイルスによる肺炎の拡大を受け、安倍晋三首相は23日、首相官邸で閣僚による対策本部会合を開き、新型肺炎の重症者を減らすための医療体制整備などを盛り込んだ総合的な基本方針の策定を指示した。加藤勝信厚生労働相は会合後の記者会見で、24日に専門家会議を開いて内容を議論し、25日にも開く対策本部で基本方針を決定することを明らかにした。

 会合で首相は「国内の複数地域で感染経路が明らかではない患者が発生している」と指摘。「患者増加のスピードを抑制することが流行を抑える上で極めて重要だ。大規模な感染拡大の防止に重要な局面だ」と述べた。

(2020年02月23日 19時43分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ