山陽新聞デジタル|さんデジ

「都構想」区名に東京2区が懸念 中央・北、大阪は変更せず

 大阪市を廃止し特別区を設置する「大阪都構想」が実現した場合、新設される4特別区のうち二つの名称が東京23区の「中央区」「北区」と同じになり、混乱が生じかねないと両区が懸念を示している。ただ松井一郎市長らは「混同しない」と突っぱねる意向だ。

 市と大阪府の法定協議会は、4特別区の名称を中央、北、淀川、天王寺とするなど制度案の大枠を了承済みだ。このうち中央、北は大阪も含め、政令指定都市の行政区名に多く用いられているが、公選首長や議会を持つ基礎自治体では東京都の2特別区のみ。大阪にも特別区が誕生すれば、同じ名前の自治体が2組できることになる。

(2020年02月23日 14時57分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ