山陽新聞デジタル|さんデジ

英、EU離脱後のパスポート公表 発注先と工場は加盟国、3月発行

 新しいパスポートを持つパテル英内相(英内務省提供・英PA通信=共同)
 新しいパスポートを持つパテル英内相(英内務省提供・英PA通信=共同)
 【ロンドン共同】英内務省は22日、欧州連合(EU)離脱に伴い一新する旅券(パスポート)を公表した。旅券でも離脱を誇示した形だが、英メディアによると、製造の発注先はフランス系企業で工場はポーランドといずれもEU加盟国が関係し、「完全離脱」とはいかなかったようだ。3月初めから発行する。

 新旅券の表紙の色は、1988年に当時の欧州共同体(EC)諸国に合わせて採用したワインレッドから、それまでの紺色に戻した。偽造防止対策にも最新技術を施した。

 パテル内相は「象徴的な色に回帰することで、再び国民のアイデンティティーと密になるだろう」と話している。

(2020年02月23日 09時02分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ