山陽新聞デジタル|さんデジ

左派サンダース上院議員が連勝 民主党の指名候補争い第3戦

 22日、米テキサス州エルパソで演説する大統領選候補のサンダース上院議員(Briana Sanchez/The El Paso Times、AP=共同)
 22日、米テキサス州エルパソで演説する大統領選候補のサンダース上院議員(Briana Sanchez/The El Paso Times、AP=共同)
 党員集会に参加するために並ぶ人々=22日、米西部ネバダ州(ゲッティ=共同)
 党員集会に参加するために並ぶ人々=22日、米西部ネバダ州(ゲッティ=共同)
 【ラスベガス共同】米民主党は22日、11月の米大統領選に向けた候補指名争い第3戦となるネバダ州党員集会を実施し、主要メディアは第2戦に続いて左派サンダース上院議員(78)が連勝したと伝えた。中間集計の得票率では中道バイデン前副大統領(77)、同ブティジェッジ前インディアナ州サウスベンド市長(38)が続いた。

 白人が人口の9割以上を占めるアイオワ州などであった第1、2戦と異なりネバダは中南米系住民が多く、人種が多様な西部州で初の戦いとなった。サンダース氏は、中南米系票の掘り起こしに注力したのが功を奏した。

 2月末の第4戦は、南部サウスカロライナ州予備選。

(2020年02月23日 12時37分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ